2017.05.05

ピンポイント攻めが効く!超クールで手ごわい男性を一瞬で落とすキラーフレーズ

社内で噂になるくらいイケメンだし、仕事もデキる。
でも、クールすぎて近寄りがたい男性っていますよね。

コミュ力が低い訳でもないのに、うまく会話が続かないし、反応も薄い。寡黙でちょっぴり陰のあるミステリアスな男性のハートを射止めるのは、意外と難しいものなのです。。

そこで今回は、20~30代独身男性へのアンケートを参考に、「クールで無口な男性を落とすキラーフレーズ」をまとめてみました!

1.「あなたの○○、本当に素敵」

「今まで褒められたことのない内面を『素敵だね』と言葉にされて、ドキッとした。この子だったら、俺のことを本当に理解してくれるかもしれないと思った」(29歳/IT)

女性に興味がない訳ではないけれど、シャイで口下手なゆえにクールな男性の心を開くポイントは、今までにない“喜び”を与えてあげること。

クールなためにうまく伝わらなかったり、自らの素っ気ない態度で反感を買ってしまいがちな彼らは、「○○さん、本当に優しいですね」「○○さんの指示はいつも的確で、ドキッとします」と内面を褒められると、内心ホッとするもの。あなたも気になる男性をよく観察して、「彼が初めての褒め言葉」を探してみてみて!

2.「その○○、カッコいい!どこで買ったの?」

「ずっと欲しかった高級時計。身に付けていったその日に『その時計、○○さんらしくてカッコいい』と言われて最高に嬉しかった。気分がよくなって普段話さないようなプライベートなことまで語っちゃったよ」(30歳/メーカー)

自分から積極的に話しかけることのないクールな男性は、時計やネクタイなど、自分のこだわり部分をピンポイントで褒められると、気分がよくなって多弁になる傾向があるようです。

いつもと違ったアイテム、新調したスーツを見かけたら、迷わず「センスがいい」「カッコいい」と声をかけましょう。カレと急接近するきっかけになるはずですよ。

3.「どうやったらそんなに仕事ができるようになるの?」

「やっぱり仕事について褒められると、心が揺らぐ。かわいい部下から『いつも頼りにしています』なんて声をかけられたら、さりげなくフォローしてあげたくなっちゃうから」(33歳/商社)

仕事熱心でプライドの高い男性ほど、分かりやすい褒め言葉に弱いもの。「責任感がありますね」「どうしてそんなに仕事が早いんですか?」「頼りになります」など、状況に合わせて言葉をかけてみましょう。

ちなみに同期の男性には、仕事に関する評価というよりは、「頭いいね」「尊敬する」といったさりげない言葉をかけるのがポイント。きっと少しずつ心を開いてくれるはずです。

4.「すごい!○○も得意なんですか?」

「何度言われても『凄い』『さすが!』って言葉は嬉しいものだよね。正直口下手だからうまく反応できていないと思うんだけど、表情に出ていると思う」(31歳/書籍)

気になる異性との会話のきかっけになるのが、カレの得意分野について「教えて」とお願いすること。雑談からプライベートな話にしていったり、その場のノリでデートの約束を取り付けたりが難しい、クールな男性相手でも有効です。とはいえ、いきなり「○○について、聞いてもいい?」と聞くと、クールなカレの塩対応に心が折れてしまうかもしれません。

まずは「すごい」「○○も得意なんて知らなかった」とワンクッション置いて、反応を確かめましょう。次のアプローチを急がなくても、気分をよくしたカレの方から話を展開してくれる可能性大ですよ。

おわりに

いかがでしたか?とにかくクールで寡黙な手ごわいカレを落とすには、シーンに合わせた巧みな褒め言葉で、ゆっくりと心の扉を開くこと。リラックスして話のできる環境作りを心がければ、恋が始まるのも時間の問題ですよ。(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事