2017.05.05

それ、本当?「最近出会いがない」と泣く前に見直してほしいこと

こんにちは、恋愛プランナーTETUYAです。「出会いがない…!」と、新しい出会いを探すことに必死に時間を費やすのは、恋愛の場数を踏むということでは大事なことだと思います。ただ、それは時間に余裕がある人には向き。
もし、あなたが日々忙しくて時間が無い人だったり、結婚適齢期としてのリミットが迫っている人なら、場数を踏む戦略はとらないほうがいいです。今から、色んな出会いの場所に行って出会うための時間、一から自分をPRしてから相手を知る時間、この一連のフローには、それなりの時間と労力がかかりますから。それなら一旦、冷静になって、今までに出会った人脈を掘り起こしてみることのほうが、なんて楽なことか。
どうしても、今まで会った人は「ナシだったから」と、記憶から抹消してしまいがち。でも、LINEのリストを開いてみると、そこには思い出せないような人であったとしても、数多くの男性リストが眠っているはず。時間がたって見直してみると、意外と「アリ」な候補者かもしれません。

1.掘り起こし作業

まずは、LINEリストの掘り起こし作業をスタートしましょう。具体的には、「元気?」という感じで、軽いLINEを送ってみること。男からすると、あなたに対しての印象が薄かったとしても、女性から連絡がくるというのは意外と嬉しいものです。自分も彼の記憶がはっきりしていなくても大丈夫。無難なメッセージで相手の記憶をあぶりだすんです。自分のスタンスはあくまで、相手の男性のことを覚えている感じでいきましょう。例えば、「私のこと覚えていますか?」そうすれば、男性から、「○○で飲み会したときの○○ちゃんだよね?」などのヒントが出てくればしめたもの。大抵の男は、プライドが高いので「知らない」なんて、あっさり返信したくないものです。必死で記憶をたどることでしょう。

もし、今後あなたのLINEリストに飲み会程度で知り合った男性を追加していくなら、アカウント名に、知り合ったエリア、特徴など記憶をたどりやすいワード、「4月恵比寿たかし」みたいにいれておくといいですよ。

2.ないなと思う人こそ大事に

合コン、飲み会などで、「この人はナシかなぁ」と思うこともあると思います。そんなときに、LINEも交換せずにバイバイなんてしていませんか?もしかすると、そんな人の人脈に超有力候補者が眠っているかもしれません。だから、そんな人ほど大事にLINE交換だけでもしておきましょう。せっかく忙しい時間を割いて会っているのだから、「ツナグ」精神を持つこと。

3.「金のかかる女」は男を寄せ付けない!?

新しく男性と出会う機会はあるのに、恋愛に発展する出会いはないという場合は、そもそもあなた自身に問題がある可能性があります。LINEの友達リストから男性を掘り出しても、自分自身の問題が改善されていなければ意味がありませんよね。例えば、自分のSNSで、女優帽、サングラス、豪勢な食事、などをアップ過多になって、自分はそんなつもりがないかも知れませんが、男からすると、「私、お金がかかる女ですけど何か!」アピールをしている女子です。お金かかる女子にアプローチできるのは、それ相当の限られた男だけ。そういうアッパー層の男にしか興味が無いと言うならいいですが、それ以外の男性は怖気づいて逃げてしまいますよ。また、自意識過剰な女子も同じく。例えばSNSのプロフィール写真を自分にしていて、それをコロコロ変える女性に対しては、「自分大好き人間で扱いづらそう」と、面倒がられたり、プライドが高そうに思われてしまうのです。

おわりに

世の中には、これだけの数の男も女もいるわけですから、誰でも異性に出会えるチャンスはあります。あとは、有効な出会いを作るために、ちょっと考え方を変えてみたり、出会いが減ってしまった自分の原因を見つめ直してみれば、劇的に恋愛チャンスは増えるかもしれません。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事