2017.05.13

私はふたりが良いんだけど…「みんなで会おうよ!」と言ってくる男性の心理

気になっている彼から「みんなで会おうよ!」なんて言われたら、「やんわりデートは拒否されているのかな…
?」と悲しい気持ちになりますよね。
「私はふたりで会いたいんだけど…」とは言えずに、そっと彼のことを諦めてしまう女性もいるのでは?

そこで今回は「ふたりきりではなく『大勢で会おう』と言ってくる男性の心理」についてリサーチしてみました。

1.ふたりでいるところを誰かに見られたくない

「一応好きな人はいるけれど、ほかの女の子とも遊びたい。でもふたりきりで会ったことがバレると片想い相手とうまくいかなくなりそうなので、大勢で遊ぶようにしています」(21歳/大学生)

女性とふたりでいるところを誰かに見られて、誤解されることを恐れているタイプ。ほかに好きな人がいる男性にありがちな理由です。ただ「みんなで会おう」と言ってくれているのですから、彼から嫌われていないことは確か。大勢で会う機会を設けつつ、さりげなく彼にアプローチをしていきましょう。

2.1対1では申し訳ないと思っている

「俺みたいにダサい男からデートに誘われても、女性も困ってしまうと思う。なので仮に女性と仲良くなったとしても『みんなで遊ぼう』と言いますね」(23歳/製造)

「俺なんかとふたりきりなんて申し訳ない」「きっと女性は俺なんかとデートしたくないはずだ」という自己評価の低さから、大勢で会おうと言ってくる男性も。こちらは恋愛経験が少なかったり、女性にトラウマがある人に見られる傾向です。もしかしたら心のどこかで「断られて傷付くのが怖い」と思っているのかもしれませんね。ここは女性のほうから「今度はふたりきりが良いな」と誘ってみるしかないかも。

3.ほかの女の子を紹介してほしい

「その子と付き合うのはあり得ないけれど、人脈を増やしたいときに『みんなで会おう』って言っちゃいますね」(20歳/大学生)

あなたを恋愛対象としては見ておらず、とにかく新たな出会いの場を設けてほしいと思っているのがコレ。つまり「みんなで会おう」というのは彼からすると、「合コンしよう!」「かわいい女の友達連れてきてね!」といった意味なのでしょう。この場合は彼のことが好きだったとしても、潔く諦めたほうが良いかもしれませんね。

4.大勢のほうが盛り上がる

「俺は女子とふたりで会うよりも、大勢で飲んだほうが楽しいんだよね。だから気軽に『またみんなで飲もうよ!』って誘っちゃう」(26歳/アパレル)

とにかく「ノリ重視」のパリピ男性は、単純にみんなでワイワイしたいからこそ、「みんなで会おう」と言ってくるみたい。こちらはまだ彼と付き合える可能性はあるかもしれませんが、恋人になったあとも大勢での飲みやBBQなどを提案されてしまうかも…。彼とふたりきりでラブラブデートを楽しみたい女性にとっては、このタイプの男性は不向きかもしれません。

おわりに

「みんなで会おう」と言ってくる理由も、男性のタイプによってさまざまです。
まずは彼がふたりきりで会うのは嫌なのか、それとも何か別の事情があるのかを見極める必要がありそうですね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事