2017.06.17

あぁ、失敗したかもな…男性が付き合ったことを「後悔する瞬間」

いいな、と思っていた相手であっても、付き合ってみて後悔してしまうなんてこともあったりしませんか?

それは男性も一緒で、付き合った後で「失敗したかも」と感じてしまうこともあるものです。

そこで今回は、男性が付き合ったことを「後悔する瞬間」を紹介します。

1.いきなり「距離」を詰めてくる

「付き合った瞬間から、いきなりズケズケと色々言われたりすると、腹が立ちますね。『この子、うっとうしいかも』って思っちゃう」(27歳/男性/マスコミ)

付き合うことができたからといって、いきなり距離を詰めすぎてしまうと、さすがに男性には引かれてしまいます。

急に色々とお世話をし始めたり、求めてもいないのにアドバイスや批評をし始めたりしたら、かなりうっとうしいです。彼女になれたうれしさで舞い上がってしまっているのかもしれませんが、徐々に少しずつふたりの距離を縮めていくのがごく自然な流れ。それを乱してしまうのは、あまり得策とは言えませんよ。

2.「男友達」がかなり多い

「男友達がものすごくたくさんいることを知ったときは、ちょっとショックでしたね。しかも、頻繁に色んな男性と飲みに行ったりされると、不安な気持ちになるだけですしね」(28歳/男性/公務員)

自分の彼女に男友達がたくさんいたら、やはりあまりいい気はしないもの。別にやましいことがあるわけではないにしても、なんだか疑ってしまったり、不安な気持ちにもなりやすいでしょう。
実際の友達だけではなく、SNS上で色んな見知らぬ男性たちとつながっているのも、男性は嫌な気分になりやすいので注意してくださいね。

3.精神的に「不安定」である

「情緒不安定気味な女性と付き合ったときは、本当に大変でしたね。まさかこんなことになるとはって、付き合った後でちょっと落ち込んでしまいましたよ」(27歳/男性/システムエンジニア)

感情の起伏が激しい女性が、男性は大の苦手です。
突然なぜか泣き出したり、さっきまで笑っていたと思ったら、急に落ち込み始めたり、ちょっとしたことで一気に怒りが爆発したり…。

そんなことが多い女性だと、一緒にいるだけで疲れ果ててしまいます。
精神的に不安定な時期には、あまり彼氏に会わないようにするか、「今イライラしやすい時期なの、ごめんね」と、ひと言かけるだけでも違ってくるでしょう。

4.「思い」が強すぎる

「好きでいてくれるのはうれしいのですが、その気持ちがあまりにも強すぎると、ただただ重いだけですね。この子と付き合うのはしんどいなって感じちゃいます」(30歳/男性/メーカー)

好きな男性と付き合うことができたら、愛情をたっぷり注ぎたくもなるでしょう。ただ、強すぎる思いは、次第に「自分もそこまで返さないといけないのか…」「重い」と感じられるようにもなってしまうもの。
重い愛情は、うれしさを通り越して苦痛になってしまうので、男性の中に逃げ出したいという気持ちも芽生えるでしょう。
ずっと一緒にいられる関係を保つためにも、少しずつ愛情を注いでいくようにするのがベストでしょう。

おわりに

付き合った後で後悔するようなことが多くあると、まだ関係が深まりきっていないタイミングだからこそ、男性の気持ちはどんどん冷めていってしまいます。せっかく付き合えたのですから、その機会をムダにせず、いい関係を築いていけるよう、意識してみてくださいね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事