2012.01.23

メイク筆でリキッドファンデをつけるコツ!

リキッドファンデって筆でつけると長持ちするし、とても簡単に滑らか肌になれるよ!

かなり詳しく解説してあるから、いつもパウダーファンデを使っている人もこれを見たらリキッドに乗り換えたくなるかも?!

まずは保湿&下地

乾燥はお肌の大敵!メイクの前に保湿をしっかりしよう。

 

下地は両頬、おでこ、あご、鼻の5点にポンポンとおいて指3本あわせて指全体をつかってのばしていこう。

 

ファンデを筆にとる

 

1円玉くらいの大きさでリキッドを手の甲にとり、筆に含ませよう。

固めでコシのある筆が塗りやすくてオススメ!

 

 

広い面積を先に塗る

頬、おでこにおおまかにのばしていくよ。

顔の広い部分から先に塗っていくのはもうテッパン技です☆

 

 

鼻、あご、まぶたなどにものばしていこう。

でも目じりや口角など、粘膜が近くて細かいところには筆を入れないで!

スポンジでなじませる

目の細かいスポンジを使って、小鼻、口元、目元など細かいところを押さえながらのばしていこう。

 

フェイスラインも同じように首との境目をスポンジでぼかしていくよ!外側に向かってスポンジをすべらせよう。

 

細かいところにはコンシーラー

コンシーラーは肌荒れ部分につけるのはもちろん、

小鼻につけて肌色を整えたり、口元につけて口角を上げて見せたりするよ!

 

仕上げのルースパウダー

ファンデを密着させるために軽くルースパウダーをのせよう。

リキッドだけだとヨレやすいので注意!

 

 

また、小鼻など細かいところはパフを折りたたんでルースパウダーを定着させるよ。

完成!

とってもきれいな肌に仕上がってイイ感じ♪

 

 

乾燥肌の人は、同じ工程をクリームファンデで仕上げよう!

クリームファンデのほうがリキッドよりも保湿力が高いから、仕上がりを長続きさせたいならオススメです☆

関連記事