2017.07.05

「この女、何様?」男子がイラッとする女子の言動

フツーに接してるつもりなのに、ナゼか男子から敬語を使われる…。
どこに言っても「アネゴ」って呼ばれる…。
仲良くしてるのに彼女には永遠に昇格できない…。
その原因、もしかしたらあなたの言動にあるのかも。無意識のうちに男子に上から目線で発言しちゃっていませんか…?
今回は男子が「この女、何様?」とイラッとした女子の言動を取材してきました。

・ダメ出しばかり

「合コンとかでダメ出しばっかしてくる女っているじゃん。そういう子って俺、ムリなんだよね。『何様?』って感じじゃん。その場では雰囲気壊したくないから笑ってるけど、次はゼッタイないなぁ…」(20歳/学生)

“しっかりしろよ!”と言ってやりたくなっちゃう男子って結構いるんですよね。
で、お酒の勢いと一緒についダメだししてしまう…。でも、それって彼からしたらいい迷惑です。だって楽しむために参加した訳で説教を食らいにきた訳ではありませんから…。
お酒は楽しく飲みましょう。「仲良くなりたくてイジるつもりで…」でも、彼にとってはただの上から目線ですからね!

・荷物を持たせる

「荷物を持たせてくる女ってイヤだよな。俺は付き人じゃないよ!って感じ。自分のものは自分で持ってほしいよな。逆に重い時にも一生懸命自分で持とうとしてると代わりに盛ってあげたくなる」(21歳/学生)

当然のように「持って~」と男子に荷物を持たせる女子、いけませんよ。あなたが重いと感じているならカレだって同じです。彼の方から持ってくれるというのなら甘えてOKですが、そうでないなら自分で持ちましょうね。

・「~やってよ!」とパシラせる

「イヤなことや大変なことはなんでも男がやって当然と思っていた元カノ。「送り迎えくらいやってよ!」「車、出してよ!」「コンビニでアイス買ってきてよ!」…って、俺はパシリじゃないぞ」(22歳/学生)

“彼氏なんだからなんでもやって!”というお姫様気質の女子は注意。
いくら好きな彼女の為だとしても大変なことを全部引き受けるのは辛いんです。
小さい要求も積もれば彼の負担も大きなものになってしまいます。
また、頑張ってあなたに尽くしたのに、感謝がなく“当たり前”と一蹴されてしまうと彼のモチベーションはだださがりです。困った時に助けを求めるのは大いに結構ですが、自分でできることは自分でやりましょう。

・「~やってよ!」とパシラせる

「イヤなことや大変なことはなんでも男がやって当然と思っていた元カノ。「送り迎えくらいやってよ!」「車、出してよ!」「コンビニでアイス買ってきてよ!」…って、俺はパシリじゃないぞ」(22歳/学生)

“彼氏なんだからなんでもやって!”というお姫様気質の女子は注意。
いくら好きな彼女の為だとしても大変なことを全部引き受けるのは辛いんです。
小さい要求も積もれば彼の負担も大きなものになってしまいます。
また、頑張ってあなたに尽くしたのに、感謝がなく“当たり前”と一蹴されてしまうと彼のモチベーションはだださがりです。困った時に助けを求めるのは大いに結構ですが、自分でできることは自分でやりましょう。

・他の男と比べる

「俺、他の男と比べられるのが一番イヤ!『元カレは毎日電話くれたのに!』とか『○○君は奢ってくれたのに!』とか比較されるとマジで冷める。だったらそいつと付き合えばって感じ」(23歳/飲食)

付き合っていく中で、彼に直してほしい、もっとこうして欲しいと思うようになる気持ちは分かります。でも、他の男子を比較対象に出すのはNG。“だったらそいつと付き合えば?”と彼の気持ちを萎えさせてしまいます。他の人云々でなく、彼のことが好きだから、もっと仲良くなりたいから直してほしいんだということを伝えましょう。

・奢れオーラ

「奢れオーラを全面に出してくる女がダメ。前にめっちゃ高い店に連れてかれてお会計になった瞬間に俺を見つめてニコっとされたことがあって、マジで血の気が引いた。当たり前に払ってもらえると思っている傲慢さにドン引き…」(25歳/証券)

男子だから、社会人だから、奢るのが当たり前じゃないんです。その傲慢さが男子をゲンナリさせてしまい、「もう奢りたくない」そして「会いたくない」に繋がります。自分も楽しくご飯を頂いたのですから、払う姿勢を見せましょう。自分の分を自分で払うのは当たり前、だからこそ、ごちそうになった時にはきちんとお礼を言いましょうね。

最後に

「男だから~してくれる」「女だから許される」という考え方が根底にあると危険。悪気はなくとも、「イラっ」とされてる可能性大です。思いやりある言動を心がけましょう。(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事