2010.02.24

【稼げるアフィリエイト術】 意外と知られていない!?商品がよく売れる、ブログでの紹介記事。

「ブログでアフィリエイトをしているのに全然稼げない」という人が多いようです。
その場合、「どうして売れないのか」をよく考えてみる作業が必要になってきます。

ブログ読者の方が購買するまでに至らなかったのは、読者の気持ちの中で、「本当に効果があるのだろうか」とか、「信用できない」といった心理的な疑いがあるだと思われます。
ということは、その壁を乗り越えることができれば購買につながるというわけですよね・

では、いったい、どうしたらその紹介した商品を信用してもらうことができるのでしょう。
そのヒントは、商品の紹介のしかたにかかってきます。

では、購読につながる商品の紹介とはどんなものなのか、一緒に学んでいきましょう。


■ アフィリエイトで稼ぐコツは、「売りたい商品」を ほめないこと!

売りたい商品を、ここぞ、とばかりに褒めちぎって商品アピールを人がいますが、
それは逆効果です。

ブログ読者が、たとえその商品に興味があったとしても、商品紹介をしている人がアフィリエイターだと分かれば、そのブログを経由して商品を購入したくなくなります。

つまり、読者に販売目的と気付かせない工夫が必要なのです。
そのためには、わざとらしい商品紹介をしないことです。



自分のブログから、その商品を購入してほしいなら、その売りたい商品をあなた自身が実際に使ってみて、その使ってみた感想(体験談)を素直に書くことです。




たとえば、あるメーカーの洗顔石鹸を売りたい場合

■「売れない」商品紹介の書き方 

「この洗顔石鹸は○○でできているからとっても素晴らしいですよ。ぜったいにおススメですよ」

とか

「この洗顔石鹸は、今、全国の女性たちに注目されていて、すごくいいですよ。
香りもいいですし、値段もお手頃なので、ぜったいに買った方が得ですよ」
-------------------------------------------------------------------------------

こんな押し売りで買いたい気持ちにはなりませんよね。

■ 「売れる」商品紹介の書き方 

「この洗顔石鹸を購入する前までは、本当に効くのか、不安でした。 試しに1週間だまされたとおもってつかってみたら、気になっていた黒ずみが薄くなってきてビックリしたんですよね。
しかも、鏡にうつった自分の顔がワントーン明るくなったような気がして・・・。化粧のノリも良くなったんです。それで、1ヶ月ためしてみたら、今まで悩んでいた○○がまったくなくなって…。
こんなこともあるんですね。さっそく、母親と妹にもすすめちゃいました」



このように、あなたが商品をつかってみた感想、経過状態を素直に書くのです。

「体験談」や「使ってみた感想」は、商品本体にスポットをあてた商品説明よりもリアルなので、
読者の心をギュッと引きつけます。

「この人がこんな効果を得られたんだから、わたしも試してみよう」と自分に照らし合わせながら見ているのが、読者の心理なのです。

■ この商品を開発した人の思いを書く


自分のブログから商品を購入してほしければ、実際にその商品を自分がつかってみた(食べてみた)「感想」や「体験談」を書くことが大切ということが分かりました。

商品を購入してほしい書き方として、もうひとつ紹介したいと思います。



それは、商品を作った人の思いや人物像について語ること です。


この商品は、

① どのような経緯でつくられることになったのか
(商品ができるまでのきっかけ)

② 商品ができあがったあとの苦労話
(なかなか売れなかったが、このようにすることで人気がでた)


など、「商品にまつわる人々のさまざまな歴史や思いを語る方法」も
体験談や感想と同様に、ブログ読者の心を惹きつけます。


「へぇ、今こんなに人気だけど、その裏ではこんなにも苦労があったんだ!!」
「この商品開発した人って、わたしと同じ出身地だわ。なんだか、親近感が湧いてきたなぁ~」

ブログ読者の気持ちがこのように傾いたら、しめたものです。



でも、どうやって商品を作った人の思いやその商品の歴史を知ることができるのでしょうか?


ずばり、『その商品を売っている会社のホームページ』 をご覧ください。
そこに書ける材料のヒントが隠されているはずです。

また、『商品のパンフレット』 などはいかがでしょうか。
そこには、商品開発や商品に対する思いといった情報が書いてあるでしょう。

それら参考にすればよいかと思います。

■ まとめ

いかがでしたでしょうか。アフィリエイトのコツはつかめましたか?

売りたい商品がある場合、どうしても「この商品の○○すごくいいですよ!」とか、
「これ、最高ですよ!」と商品の良いところばかりしつこくアプローチしがちです。

しかし、商品のいいところばかり並べても、人の心には響きません。
逆にうさんくさく思われるでしょう。

商品を買うか、買わないか、を決めるのは、理屈ではなく感情です。読者の方に好感を持ってもらえれば購入してもらえますが、不快に思われれば購入は難しいです。

商品を使ってみた感想や体験談を書くことや商品に関わっている人たちのことを書くことで、
間接的にその商品をアピールすることができるのです。

また、さいごに 「みなさんも一度お試しください。きっと私のように効果が目に見えてあらわれると思いますよ」 と読者にアクション(購入してもらえるよう) 薦めることも大事ですよ。

あなたも「売りたい商品を褒めないアフィリエイト」 にチャレンジし、お小遣い稼ぎしてみませんか?

関連記事