2017.07.28

俺の事好きじゃないの…?彼氏を凹ませるだけな彼女の強がり

彼氏に対して、強がりしちゃってませんか?

素直になれないこと。

これは、自分の中にある最大の敵かもしれませんね。
そこで今回は、彼氏に見せてしまうと、メリットどころかデメリットしかない「あなたの強がり」について20代男子30人と一緒に考えてみましたよ。

1.女の子とデートしても平気だよ

「別にそんなことをするつもりも予定もないのに、彼女に『デートとかしても、何もなければ私は全然平気だからね!』って言われて、ちょっと複雑な気持ちになる」(出版/24歳)

「全く嫉妬をしてくれないこと」。こんな感じの強がりをあげた男子は多かったです。それが本音だとすると、「彼氏への愛情の薄さ」や、「その代わり私もデートはするね」という予告みたいなものを連想されるから、あんまり嬉しくないんだとか。
たしかに、「デートしていいよ」よりも「デートしないでね」と言われた方が、やっぱり嬉しいですもんね。

2.遠距離になっても大丈夫

「自分は絶対に遠距離は無理だと思ってるんで、それを平気で『別に余裕じゃん。電話もできるし』みたいに言われると、しょんぼりする」(大学生/21歳)

遠距離の予定がなくとも、「遠距離になったらどうする?」みたいな話になることってありますよね。そういうときのお話。「遠距離になっても別れるつもりはないよ?」という意味での発言だとしても、「遠距離ヨユー」は少し淡白すぎるかも。
むしろ、「遠距離なんて無理、無理!」と言ってるカップルの方が、実際にそうなったら、一生懸命連絡をとりあって頑張りそうですもんね。

3.私のこと好きなわけないじゃん(笑)

「強がりとはちょっと違うのかもしれないけど、男子からのアプローチに気づいてなくて、俺が『ねえそれ絶対にお前のこと好きじゃん!』って言ってるのに、『違うって、ただの友達』とか言われると、その鈍感さがちょっと怖くなる」(大学院生/23歳)

気づいてるけど、彼氏を心配させないために知らんぷりしてるってこともあるのかな? そしてこの「鈍感なふり」も、彼氏をイライラさせがちなもの。「えー、わかんなーい、そんなことないんじゃなーい」よりも、「そうかもしれない。
ちゃんとお断りしておくね」と素直に他人からの好意を認めてあげた方が、「この子、友達だと思ってる男に襲われたりしないかな?」なんて不安を持たれずに済むと思います。

4.結婚できないなら、そういう運命ってことだよ

「結婚の話とかすると、『まだ先のことだし、そういう運命なら結婚するし、結婚できないなら、逆にそういう運命ってことだよ』とか言われて凹む」(翻訳/25歳)

恋愛において、男子がロマンチスト、女子はリアリストであることは多いですが、そのリアリスト、強がりが混じってることってありませんか? 
彼氏から愛のある言葉をかけられて本当は嬉しいのに、平気で冷静なふりをする。本音がそうならいいけど、そういう強がりをしてると、「冷めてる子なんだな」と思われて、だんだんロマンチックな言葉は減っていきますよ。

おわりに

ケンカといったトラブルは、だいたいがこの「素直になれない」ことが原因。悲しかったり、寂しかったり、そういう気持ちを素直に伝えられずに、平気なふりをしたり、興味ないふりをしたりしてしまうことですね。
みなさんも、「かわいく」の前に「素直に」が大事と心得ましょう。素直でいれば、自然とかわいさも後からついてきますしね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)

関連記事