2017.07.28

男子が経験した「100年の恋も冷める女子のドン引き言動」

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
男子の言動に対して「うわっ、この人ってこんな人だったの!?」と気持ちが一気に冷めてしまったことってありませんか?実は男子にも、女子に対してそう思ってしまうことがあるんです。
今回は、男子への取材から、「思わずやってしまいがちな女子のNG行動」をまとめてみました。

1.極度のケチ

「昔、合コンで店員さんがお会計を持ってきたら『A子は遅れてきたし私はお酒飲んでないから○○円ね、他の女の子は××円で、男子で残りよろしく』と言ってきた子がいた。最初からすごくしっかりした子だなって思って見てたけど、その一言を聞いた瞬間にア然。ちなみに幹事でもない」(20代/営業)

ちょっと極端な例ですが、お金に関するドン引き行動は多いよう。「男子が出すのが当たり前」「出してもらったことに感謝がない」などの言動や、度を過ぎたケチが嫌がられるみたい。
お金に対して独特の考え方を持っている人もいるかもしれませんが、あまり人前では出さないようにするのが良いかもしれません。

2.人をけなす姿

「たとえば芸能人の話になると『あー可愛いけど、性格悪そうだよね』とか、友達のことを褒めると『良い子だけど、ちょっと空気読めないところあるんだよね』と、わざわざ悪い部分を持ち出してくる子。怖い」(10代/学生)

自分が「あの子、ちょっとな〜」と思っている子が褒められていると良い気はしませんし、「でも……」と口を挟みたくなる気持ちはよくわかります。
でも、男性は特に悪口に敏感な生き物。悪い部分が本当だとしても「この子、また悪口言ってる」と指摘しているあなたのことを悪く見てしまうことも。
思ってもいないのに「うん、良い子だよね!」と無理やり話を合わせる必要はありませんが、「そうだね」とその場をやり過ごした方が自分のためかも。

3.見栄をはる

「『普段から料理するよ!』と言ってた女の子が、やたらオシャレな料理をいくつか作って宅飲みに持ってきてくれた。何気なく『どうやって作ったの?』と聞いたら、しどろもどろ……。これ、自分で作ってないなと気づいてしまって、冷めた。料理できないなら見栄をはる必要なんてないのに」(20代/会社員)

できないこと・知らないことがあるのは当たり前です。だからこそ、それを認めずに見栄をはってしまう姿に男子はドン引きしてしまうのです。
好きな人に良いところを見せることで好いてほしい気持ちは誰にでもありますが、見栄をはったりするよりも自分を偽らずに素直に過ごした方が実は愛されることをしっかり理解しておきたいですね。

4.なんでもSNSにアップ

「同じサークルの女の子とデートした次の日、サークル中がデートの内容を詳しく知ってた。女の子の方がデート内容をSNSにアップしてたかららしいけど、さすがに配慮なさすぎてひいた」(10代/学生)

デート中に写真を撮りまくってSNSにアップするのも男子にとってはかなりNG行動ですが、そもそもデートしていること・デート内容をアップされる・言いふらされるのに抵抗がある男子はもっと多いです。
気になる彼とのデートで周囲に話をしたくなる気持ちはわかりますが、そんなときは共通の知り合いではない信頼できる友達にそっと報告するくらいにとどめたいですね。

おわりに

どれも何気なくしてしまう行動ですし、そんなつもりがなかったのに悪く見えてしまうものばかり。
だからこそ注意が必要ですね!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

関連記事