2012.01.21

立食パーティで立ち振る舞いをきれいにみせる方法



立ったまま食事や会話を楽しむってなんだか慣れなくて緊張しそう・・なんて方でも大丈夫★

基本マナーを勉強して、楽しみましょう♪

料理はコース順にまわろう

好きな料理を自由にとれるとはいえ、
オードブル→メイン料理→デザートと順番をある程度守ってまわるのがマナーです。

途中でスイーツを食べたいなぁ♪といってとりにいくのはNG!

一皿に三品目を目安

時折、お皿に山盛りに料理を盛りつけている方がいますが、とても恥ずかしい行為ですね。

基本的には、一皿に三品目を目安に、取った分は残さずに食べてから、次の料理を取りに行くのがマナー!

★ポイント★
冷たい料理と温かい料理は同じお皿に盛らないというのも押さえておきたい!

お皿&フォーク&グラスの持ち方

お皿とフォークとグラスを持ったまま、会話を楽しむというのが立食パーティ♪三つも持つものがあって、なんだか大変。。などと気負うことなかれ。

スマートな持ち方は、
・グラスは聞き手と反対側の手のひらに置く
・お皿は指先で持つ
・フォークはお皿の下で指をはさむようにもつ
というのが基本姿勢。

食べたり飲んだりするときは、聞き手にフォークやグラスをもちます。

大きな荷物を持っているときは?

大きな荷物を持っていると他の参加者にも迷惑となります。

どうしても荷物が多い場合には、貴重品だけ小ぶりのバッグにしまい、他のものはクロークに預けてしまいましょう。

グラスを置くときは?

テーブルにグラスを置いたが少し目を話した隙にどれが自分のものだか分からなくなってしまった!なんてことを防ぐためにも、ぜひ実践していただきたいのが、「マイグラス」の目印をつけること。

紙ナプキンを折って下に敷くと、便利です。

混雑時は?

料理が置いてある付近が混雑していたら、慌てて取りに行かずに少し待ちましょう。

立食パーティとは、社交の場!

食べることを第一の目的とはしていないため、あまりがつがつしていると、料理にばかり目がいって「品がない人」と思われます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

少し敷居の高そうにみえる立食パーティでも、基本マナーを押さえておけば自信を持って参加できちゃいますよね★

関連記事