2017.08.20

彼のウソを「見抜かないほうが」恋はうまくいく

おそらく夏になると、彼の浮気に悩む女子が増えるでしょう。魔性の夏は、恋する気持ちに火をつけて、下半身をいつもよりちょっとばかり緩くする天才です。

なのでおそらく「彼の浮気を見抜く方法」という恋愛コラムが、きっとこの『ハウコレ』にも増えるはず。
ですが、彼の浮気を見抜かないほうが、恋がうまくいく、という考え方もあります。

■下手にウソを見抜かないほうが、幸せな恋愛をすることができる

ある調査によると、彼のウソを見抜く能力が高い女子は、そうでない女子に比べて「恋人がいない率が高い」とわかったそうです。つまり下手にウソを見抜かないほうが、幸せな恋愛をすることができる、ということです。

ウソを見抜こうと思うと、どうしても疑い深い性格になりますよね。彼女のそういう性格に、彼は敏感です。敏感ゆえ、彼女がつねに彼を疑いの目で見ると、彼は浮気しなくなる、ということにはならないので注意が必要。

「おれって、彼女に疑われてるかも」こう思った彼は、「おれのことを信用してくれない彼女なんて、彼女ではない」と思い、別れのカウントダウンが始まります。
でも、だからといって、浮気しているにおいがプンプンする彼を疑わない、なんて、聖人君子のような態度をとれる人もきっと、少ないですよね。

■ではどうすればいいのでしょうか?

彼の浮気を疑うのか、疑わないのか、彼女としてどっちの態度をとるのか、自分で決めるしかないでしょう。

彼は浮気性だからわたしは疑う、とか、彼はこれまで浮気したことがないし、これからもきっと浮気しないだろうから疑わないという姿勢をとる、というのは「なし」です。
彼がどういう人であれ、あなたが、自分の恋愛のやり方をどうするのか、という姿勢を決める、ということが大切です。

***

あなたが「疑わない」という姿勢を貫くと決めたら、なにがあっても彼の浮気を見抜こうとしないことです。彼が遊んで(浮気して)帰ってきたときの「港」として、つねに堂々としておくことです。心のなかでは「こいつ、絶対に浮気してるな」と思っても、やせ我慢をしてなにもなかったかのように「おかえり」と言ってあげるのです。

男女逆パターンもおなじです。彼が彼女に対して「彼女はモテるし、どこか浮ついているところがあるから浮気するかもしれない、でもおれは彼女の浮気を見抜かないと決めた」と思えば彼は、帰宅早々、彼女のカラダからボディソープのにおいがしていようと、彼女の髪の毛先が少し濡れていようと、笑顔で「おかえり」と言うのです。

■自分で自分に「まる」をつけよう

浮気なんてものはつねにケースバイケースで、一般化して言えるものではありません。でもあえて一般化するなら「信じるものは救われる」ということです。
あなたが彼の浮気を見抜こうとせず、いつも彼に一定の穏やかな態度で接していたら、穏やかな恋愛に恵まれます。

たとえ彼が浮気をしていたとしても、彼は絶対に彼女にバレないようにやるでしょうし、バレそうになったら、いったん浮気相手と離れるでしょう。
それは「信じてくれている人を裏切りたくない」という気持ちが、彼の心のなかにあるからです。

「裏切りたくない」とか「相手の期待に応えたい」という気持ちは、人の気持ちのなかでもかなり強いそうなので、多くの人は浮気を見抜こうともしないパートナーを大切にするでしょう。

さらに言うなら、彼の浮気を見抜こうとする人は(疑い深い人は)、本当は彼ではなく、自分自身を疑っているということです。自分で自分に「まる」をつけている人は、相手のことをそうそう疑わないのです。だからそういう人の恋愛はつねに、うまくいっているのです(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)

関連記事