2012.02.01

つらい『コミュ障』を克服するために気をつけたいこと7選

いま、巷で話題の「コミュ障」というコトバ。ご存じですか?
2ちゃんねるにも頻繁にコミュ障に関するスレッドが立っていますね。

このコミュ障、一度ハマったら中々抜け出すことができないのが困りもの。
今回は症状を少しでも和らげる改善策を提案します。


コミュ障とは?

コミュニケーション障害の略称。コミュニケーションを極端に苦手とする人々を指す。
会話のキャッチボールが上手にできず、他愛もない会話をすることに苦痛を感じる。

<特徴>
・人づきあいが悪い
・相手を知りたいという欲求に欠ける
・他人からどう思われるかばかり気にしている
・自然な会話が出来ない
・空気を壊すこと、人に嫌われることを恐れる
(人によっては)
・初対面はやけにノリノリだったり
・二回目以降は上手にお喋りできません

どうしたら治るの?精神的に楽になるの?
以下、効果がありそうな改善策です。

1.他人に期待しない

「私がやってあげたからお礼になにかしてくれるはず」
「この人だけは分かってくれるかも!」
そんな風に人に期待するのはやめましょう。

あなたは人に対して100%で返してあげられている自信がありますか?自分ができていないことを他人に求めるのはちょっと傲慢です。
「まあ、この程度よね。」と、ちょっとあきらめムードで構えていましょう。他人にがっかりして落ち込むことがなくなります。

2.誰も自分のことを見ていないと気付く

いつだって他人にどう見られるかを気にして震えている私たち。

「いま、雰囲気壊しちゃったかも。」
「私がいることで皆ヤな気分になるかも…」

もう、そういうのやめましょう。
プライド高く端っこに座っている私たちのことなんて、誰も見ていないのです。

3.どう思われたっていいじゃん!自分勝手に行動してみる

だいたいコミュ障の人は他人の気持ちを気にしすぎ。
一般人はそう簡単に傷つかないし、怒らない。私たちよりずっと「鈍感」なのです。

周りに気を使っているだけ時間の無駄!自分勝手に泣き笑ってやりましょう。

4.他人に質問してみる

他人に少しでも興味を持ってみましょう。(これ難しいですね。)
たとえば、

 友人:「昨日○○商事のOB訪問行ってさー」

 従来:「へえ!そうなんだ。(どうでもいいな)―終―」
 ↓↓↓
 これから:「へえ、すごいじゃん。どうだった?」

と、質問形式の返答に切り替えることです。
メンドクサ…なんて思わず、まずチャレンジ。思いのほか会話が楽しくなってくるかも。

5.他人と比較することをやめる

「みんなと比べて自分はなんてダメなんだろう」
「でもあいつに比べたらまだマシだな」

こんな風に他人との比較の中で、自分を確認していませんか?
この他人と比較をして考えるクセは全ての元凶。
常に他人を気にせずにはいられなくなってしまいます。

他人という不確かな軸に生きるのではなく、ゆるぎない自分だけの軸を見つけましょう。

6."べき"論者からの脱却

あなたが仕事をするのは何のためですか?
あなたががんばるのは何のためですか?

「やらなきゃいけないから。」
「私がやらなきゃ誰かに迷惑がかかるから。」

そんな思いですべての仕事や役割をこなしている人、多いのでは?
常に「やるべきこと」に追われる人生ってとても辛いですよね。

そろそろ"should"を脱して、"want"で動いてみませんか?
自分の「やりたいこと」に全力で取り組んでいると、周りは自然と協力してくれますよ。

7.自分をほめてあげる

「俺なんて」「私なんて」
と、他人に厳しく自分に厳しいコミュ障の皆さん。

いつも自分を追い込んでばかりでは疲れてしまいます。
時には自分をほめてあげましょう。
他人の気持ちを一番に考えて行動するあなたはとっても優しい人間です。

おわりに

全部取り入れる必要は全くなし。出来る範囲でOKです。

だんだん周りが気にならなくなってきたらいい傾向です。
心穏やかな毎日を手に入れるために、少しずつ頑張っていきましょう。

関連記事