2017.09.07

意外とお好き?彼がキュンとする「かまってちゃん」の特徴

 “かまってちゃん”といえば面倒でウザい、非モテ女子の代名詞。…なのですが、一方でカワイイ!と愛されている女子も結構多いんです。

どうやら同じかまってちゃんでもモテる女子とモテない女子2タイプいるよう。違いはどこにあるのでしょう?
今回は男子ウケ抜群のカワイイ“かまってちゃん”の特徴をリサーチしてきました!

・ストレート

「かまってちゃんって面倒で嫌いだったんだけど、『かまってー!』ってストレートに甘えてくる今カノは超絶かわいい。かまって欲しいくせにツンツンしてるプライド高いヤツはウザくて放置したくなるけど、素直だと愛おしくなるよね」(22歳/学生)

かまって欲しいなら遠慮したり、恥ずかしがらず「かまってー!」とお願いしちゃいましょう。下手に隠すと「かまう」だけではなく「どうしてほしいのか読み取る」必要も出てきてしまうので、一気に「プライドが高くて面倒くさい女」扱いになる危険が…。素直にお願いすれば、カレは二つ返事で受け入れてくれると思いますよ。

・怒らない

「寂しくなるとプリプリ怒り出す元カノに本当ウンザリしてた俺。かまってほしいからってキレられたらもっと相手したくなくなるよ。相手をビビらせて気を引くっていうやり方が汚い」(19歳/学生)

かまってちゃんと察してちゃんのWコラボ。これは男子をイラつかせます。察してくれないからと怒るのでしょうが、言わなきゃ伝わらないのは当たり前です。怒っているこわい彼女と絡みたい男子なんていません。プリプリ怒らず可愛く甘えましょう。

・ポジティブ

「かまわないと『私のこと好きじゃないんだ…』ってウジウジ暗くなる女子はネガティブすぎてイヤだな。気分が重くなるからどんどん距離置きたくなるよ。気を遣うから付き合ってても楽しめない」(24歳/証券)

かまってもらいたいから可愛くなろう!とか彼氏の好きなことしよう!のように前向きに頑張ってくれる子なら大歓迎の模様。私に興味なくなったんだ…などとウジウジ彼を責めないように。重いかまってちゃんはNGですよ。

・我慢できる

「どんな時でもかまってかまってかまって…はツライ。前なんて親戚の葬式中も鬼電きててマジでゲンナリした。普段はかまってちゃんでも忙しい時は空気を読んでくれるような子ならカワイイんだけどな」(20歳/学生)

大好きな彼にはいつもかまっていてほしい!気持ちは分かりますが、カレもどうしても外せない用事というものがあります。どうしても彼女以外のことを考えたい時もあります。

そんな時はそっとしておいてあげましょう。少しの我慢がよりカレの愛を深めてくれますよ。

・頼りにしてくる

「彼女からこの前『雷が怖いからずっと電話してて。』って電話がきてめっちゃ胸きゅんした。ただただかまってー!って言われると面倒だな…とか思っちゃうけど、頼られてるとなるとめっちゃ嬉しくなる。テストの前日だったけど、3時間くらい電話したよ」(19歳/学生)

試験前の3時間…すごいですね。ただのかまって電話だとイライラしてしまう男子も頼られていることを実感すると俄然やる気が出るようです。

他にも「怖い夢見ちゃったから電話して」や「寂しいから一緒にきて」なども効果抜群みたいですよ!。

・好きが分かりやすい

「かまって―!ってくる割に自分が上の立場になりたがる女子っているじゃん。そういうヤツはムリだな。『私はそんな好きじゃないのにしつこいから付き合いました』みたいな雰囲気だす子。だったら甘えてくるな!ってイラッとしちゃう」(25歳/広告)

確かに、好きだからかまって!なら納得できますが、好きじゃないけどかまってとなると受け入れられませんよね。ただただ使われてる気になってイライラしてしまいます。

かまってほしいなら好きを隠さないで。他でもない大好きなカレにかまって欲しいことをきちんと伝えましょう。

おわりに

大好きな人にかまってほしい気持ちは悪いことじゃないはず!うざがられるから…と我慢するのでなく、上記のかまってちゃんを目指してみてはいかがでしょう?

かわいいかまって攻撃で彼をきゅんきゅんさせちゃいましょう!(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(あかねぴ @akanepi0426/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

関連記事