2017.09.12

やる前にもう一度よく考えて!「公開告白」ならではのデメリットとは?

最近ブームになっている、ネットや動画上での公開告白。大勢の人に告白を見てもらえるのは嬉しいし勇気づけられますが、その分デメリットもいくつかあるみたい。
そこで今回は「公開告白のデメリット」についてリサーチしてみました。

1. 一生消えない

「先輩が公開告白してOKをもらえたはいいけれど、3ヵ月で破局してしまったらしい。でも動画はネットに残ったままなので、当分彼氏はできなさそうと言っていました」(19歳/女性/大学生)

「ネット上に動画を流す=全世界に発信する」ということ。仮に公開告白した彼と別れて新しい人と付き合うことになった場合、もしかしたらあなたが告白している動画を新彼に観られてしまう恐れもあります。

たとえ過去の話とはいえ、ほかの男に告白しているのは良い気持ちがしないでしょう。その場の感情だけで公開告白をするのではなく、将来のこともよく考えるようにしましょう。

2. リスナーにあれこれ聞かれてしまう

「公開告白した友達がフォロワーから『彼氏とうまくいってますか!?』と質問をもらっているんだけど、実際はとっくに別れたらしい…」(21歳/女性/大学生)

公開告白が成功した場合、「その後彼とはどうなりましたか~?」などとリスナーに聞かれるようになるはず。彼とうまくいっているときなら良いのですが、そうじゃない場合は何と返答したらいいのかわからないですよね。

もしかしたらあらゆる憶測を立てられて、嫌なコメントを残されてしまうかも…。その後のプライベートを公開したくないと思うのであれば、公開告白はやめておくべきでしょう。

3. 振られたときが最悪…

「公開告白をして男友達に振られてしまった…。それだけでもツラいのに、みんなに観られているのかと思うとすっごく恥ずかしかったです」(20歳/女性/大学生)

これはもう誰しもが考えることですが、公開告白で振られた場合はけっこう地獄ですよね…。

もちろん慰めてくれるリスナーさんもたくさんいると思いますが、それでも晒し者っぽくなってしまうのは事実…。

穴があったら入りたくなってしまうでしょう。公開告白はほぼ100%成功する場合だけやったほうが良さそうです。

4. 公開告白自体が嫌な男性も…

「いきなり公開告白なんてされたら戸惑うよね。特に社会人の男だと無理っていう人は多いんじゃないかな」(25歳/男性/営業)

彼が目立ちたがり屋、もしくはネットに抵抗がないタイプなら問題ないでしょう。でも彼がシャイだったり、仕事上SNSに顔出しをしていない場合は、公開告白はなかなか受け入れてもらえません。

中には「公開告白自体があり得ない…」と考えている男性もいます。相手の性格や考え方をしっかり理解してから、公開告白に踏みきるようにしましょう。

おわりに

「公開告白をして振られたらどうしよう…」と思うことはあるでしょうが、ここまで今後に影響を及ぼす恐れがあるなんて、ちょっとビックリですよね。

公開告白をしたい場合は、いろんなリスクも考えるようにしましょうね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事