2012.02.06

「サヨナラ俺の青春…」とならないために知っておこう!NGな自己紹介例5連発

 
これから始まる青春の日々にウキウキしながら登校、浮かれ気分で自己紹介タイムに突入…すると危険!
個性を出したい気持ちはわかりますが、初日から浮いたら元も子もなし。
ここは冷静になって、NGな自己紹介例をじっくり読んでおきましょう。

「○○って呼んでください☆」

デビュー組の女子がやりがちなNG例。
おしゃれやメイクをどんなに頑張っても、キャラ作りは割とすぐバレます。
「呼んでください☆」発言が許されるのは、かわいくて明るい子のみだということをしっかり覚えておきましょう。

「かなぴょん」「えりかりん」などアイドルばりのあだ名で呼んでくれと言っても誰も呼んでくれません。
一度ひいた男子はもう二度と戻ってこないことを忘れないで!
イタいあだ名×きゃぴきゃぴした話し方は絶対にNGです。

アイドルやイケメン芸能人についてアツく語る

テンションが上がっているとやってしまいがちなNG例。
仲間と出会いたいばっかりに、ジャニーズについてアツく語っていたら、「アレ?教室の空気おかしい?」ってことにもなりかねません。

「嵐が好きです」「K-popとかよく聴きます」くらいにとどめておくのがベター。
同志はそれだけの情報でもちゃんと集まってくるので大丈夫です。

地方出身であることを隠してカッコつける

出身地をぜったいに言わない(または県の中心地にすり替える)、
訛りを必死になって隠し通そうとする…
ナメられたくない一心なのはわかりますが、これはもったいないこと。

地方ネタは大体おもしろいです!訛り・方言もとっても新鮮。
地方出身者はそのへんを逆手にとって、笑いにつなげるくらいの気持ちでいきましょう。

コアすぎる趣味を暴露

「追っかけ」「ジャニオタ」「腐女子」などなど…
一般人が安易に踏み込めないコアな趣味ってありますよね。
どんな趣味を持とうがその人の勝手ですが、自己紹介で暴露するのは避けたいところ。
周りの人に「笑っていいの?どうなの?」と、いらぬ気を使わせます。
宗教や思想系のことなども、微妙な話題なので気を付けて。

好きな異性のタイプについて詳細に言及

クラスメイトとは基本的に初対面。
「好きなタイプは武井咲ちゃんみたいな子。透明感あふれる感じで、やさしくて素直で…」
よく知りもしない相手からいきなり好きなタイプについて聞かされても、反応に困りますよね。
男子が、女優やアイドルの名前を出しながらこれをやってしまうと、女子全員から「で?」「何様だよ」オーラがあふれ出します。こわいので気を付けて!

さいごに

第一印象ってとっても大切!個性は徐々に出していきましょう。
たのしい青春を送るためにも、初日でつまづかないように気を付けてくださいね。
関連キーワード

関連記事