2017.09.27

だからこそ、今がある。「失恋が教えてくれたこと」

つらい失恋。誰もが二度とこんな思いはしたくない、と思うでしょう。でも、失恋は自分を成長させる絶好のチャンス。この先、素敵な相手を見つけて結ばれるために必要なステップなのです。

失恋で何を学び、どう生かせばいいの?
今回は「今が幸せ!」という10~20代女子のみなさんに失恋が教えてくれたことについて取材してきました!

・自分に合う相手のタイプ

「ひとめぼれして付き合っては玉砕してた私。でも、前回の失恋がつらすぎて、まじめに自分に合う人を考えるように。そのせいか今回の彼とはすっごく仲良し!相性が合えばこんなに楽しく付き合えるんだ!って感動してる」(21歳/学生)

自分と本当に合う人はどういう人なのか…、これは恋愛に失敗した時に「なぜダメだったんだろう」と考えてこそ見えてきますよね。気が強い自分と亭主関白な人はぶつかってしまうとか、優柔不断の自分に優し過ぎる人は合わないとか。

外見やノリだけで選ばずに、自分自身がどんな人間でどんな恋愛をしたいのかが分かったうえで相手を見ることができれば必ず運命の相手に出会えるはずです!

・恋愛以外の大切さ


「恋愛中って彼さえいれば何もいらない!って思っちゃってたんだよね。でも、別れた時に友達のありがたみとか仕事の大切さとかを改めて知って。自分の幸せの為には恋愛以外も必要なんだなって分かったよ」(24歳/商社)

恋愛を失って初めて、恋愛以外の「他のもの」の大切さを思い出させてくれます。友達や家族、勉強や仕事など。恋愛以外にも自分の人生を豊かにしたり、成長させてくれるものはたくさんあるでしょう?

それに気づければ自分を磨いていけるし、恋愛に依存することもなくなります。自立したいい女になってこそ、自分が心地良と感じる恋愛を楽しめるようになると思いますよ。

・両想いの尊さ

「失恋した時にはじめて両想いの尊さを知ったかな。それから恋人を大切にできるようになったし、感謝するようになった。好きでも自分勝手じゃ、幸せになれないからね。それを知れてよかったよ」(22歳/学生)

失恋がきっかけで、「自分の好きな人が、同じように好きでいてくれる」ということの尊さにに気づくんですよね。そして彼からの愛にあぐらをかいて平気で傷つけたり、ぞんざいに扱っていたことを後悔する人は少なくないはず。

次の恋は大切にしよう。新しい彼にたくさんの愛情を注ごう。「ありがとう」や「ごめんね」の気持ちを忘れないようにしよう。その反省の気持ちが自分本位の恋愛スタイルを変えてくれます。

・自分の欠点や弱点


「元彼にフラれた時に、自分のダメだったこところをすごく知ることができたんだよね。辛かったけど、自分のことが分かったおかげで、ずいぶん成長できたと思う。束縛もやめたし、ヒステリックもだいぶ治ったし…」(20歳/学生)

自分のダメなところってなかなか気付けないし、直せないものなんですよね。というか、なんとなく分かってはいても、周りが受け入れてくれるなら別に直す必要ないか…なんて甘えちゃったり。

でも、それが原因で大好きな人と別れてしまったとなると心の底から変わりたい!と思えるようになるはず。悪いところを直してより良い自分になりたい!という向上心があなたを人間的に大人にしてくれるんです。

おわりに

あの時、別れて良かった。あの失恋があったから素敵な恋に巡り合えたんだ。
今幸せ!と胸を張る皆さんは、失恋を後悔するどころかよかった経験としてとらえているよう。

今、失恋に苦しんでいる女子も、いつかこんな風に思える時がきます。もう恋なんて絶対にしない!なんて落ち込まずに前を向きましょうね。応援しています。(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(ササキミウ @M_Y_3733/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)

関連記事