2017.09.30

初対面で「彼女にしたい!」と思わせる心理テク!男子を喜ばせる話し方&NGワード

恋愛は第一印象が大切と言われていますが、あなたは、印象の善し悪しをどこで決めていますか?見た目が好みかどうか?服のセンス?

実は、初対面で一番影響を与えているのは、見た目ではなく「話し方」なんです!

今回は、男性が喜ぶ話し方や言葉、NGワードをご紹介します!今すぐ使えるので、要チェックですよ!

「OLです」「学生です」は会話が広がらないNGワード

初対面の人と話す時に、必ずと言っていいほど聞かれるのが、「仕事は何をしているの?」など、職業についての質問ですね。

この時、「OLです」「学生です」と一言で返してしまうのはNG!
この後の会話が広がりませんし、抽象的に返事をすることで、相手を拒否していると感じられてしまいます。

▷コレが正解!
例えば、「OLです」だけでなく、「イベント制作の会社で、アシスタントをしています」など少し具体的に相手に伝えると、それだけで覚えてもらうことができますし、その後の会話も続いていきます。

最もNGなのは、「ちょっと言ってもわからないと思う」などと言って、会話を切り捨ててしまう行為。これは「どうせあなたに言ってもわからないでしょう」と、言っているのと同じです。
「この子は俺に興味がないんだな」と思わせてしまうので、恋愛のチャンスを知らず知らずに逃してしまうのです。

「一番〇〇なのは?」と聞かない

男性は、自分の趣味の話に興味を持ってくれる女性に好感を抱きます。
共通の趣味や好きなものがあれば話も盛り上がりますが、女性側があまりわからない趣味だったり、興味がないということも、実はありますよね。

そういうときに、やってしまいがちなのが、「一番好きなのはなんですか?」「一番おすすめなのは?」などと、質問してしまうこと。

▷「一番」は相手が答えにくい
一見、興味を示しているようにみえますが、「一番〇〇」という質問は、相手が答えにくい質問なのです。「一番」という言葉の裏には、「私はムダな事はしたくない」という効率主義な考え方が隠れています。効率を考えて、「一番だけをおさえておこう」という考え方ですね。
「一番〇〇」という質問は、会話が途切れて気まずい時間が流れてしまうヘタな質問なのです。

「どうしてわかったの?」を2回続けると運命を感じる


例えば、気になる彼と一緒にいるときに、「コーヒーでも飲まない?」と言われたら、「どうしてわかったの?私もちょうどコーヒーが飲みたかったの」と返しましょう。それがイイ女の余裕なのです。とくにコーヒーを飲みたいと思っていなかったとしても、ある意味それはかわいいウソ。そうすることによって、相手の自己肯定感が上がり、男性は満足感を得るのです。「どうしてわかったの?」と言われると、相手は「この子とは気が合うんじゃないか」と思います。そして、それが2回続くと、運命の人に感じるのです。


▷この一言でプラスワンテクニック!
気になる彼にもっと「この子、気があうかも」と思わせたいなら、「どうしてわかったの?」の後に、「一緒だね!」という一言を付け加えましょう。
そうすることによって、「この子も俺と気が合うと思ってくれている」と認識させることができますよ!

心理テクニックを使って第一印象をアップさせましょう

話し方一つで「気が合うかも」「この子、彼女にしたいなぁ」と思わせることも可能なんです!ぜひ、試してみて下さいね。(Epica Lilly/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事