2012.02.07

母性本能をくすぐる!プログラマー男子の不思議な魅力



草食系?肉食系?いやいや・・そんな時代はもう終わりました。これから流行るのは「プログラマー男子」。

ちょっぴり感情表現が苦手な彼らの魅力にせまってみましょう。

彼らは、女性に尽くしたり、媚びたりすることもなければ、自分が優位に立とうとするわけでもありません。程よい距離感を保ちながら、たまに人間らしい優しさをみせてくれる・・そんな春の日差しのような、居心地の良さが女性を虜にする秘密なのかも?

プログラマー男子を彼氏にもつ女の子が「彼にきゅんとする瞬間」をこっそり教えてくれました。さっそくチェックしていきましょう。

ディスプレイばかりみて私をみない

彼とのデートはいつもお家。基本的に私は、ソファの上。彼は、パソコンの前である。話しかけても、こちらをみることはない。

「・・・うん」といいながら、いつもディスプレイをながめている。私とパソコン、どっちが大切なのか?

タイピングは早いくせに、私へのタッチが下手

彼のタイピングは、神レベル。話すスピードよりも速い。軽いタッチで、キーボードをたたく。

だけど、一歩パソコンから離れると、そんな指先も機能しなくなる。女の扱いは、まだまだだ。

私のスペックをPCのスペックで表現する

「ねぇねぇ、私のどこがすき?」と聞くと、「うーん、そうだなぁ・・・CPUが速いところ(頭の回転が速い)かな?もう少し、メモリーが多い(記憶力がいい)と助かるんだけど♪」

そう、彼は私の魅力を、PCのスペックで表現する。

私との問題をGoogleで解決しようとする

ケンカをすると、彼はいつも「ググる」。

「彼女 気持ち」「女心 ケンカ」

ググってもダメなときは、最終兵器「知恵袋」の住人に聞く。

そんな彼に萌えた

でも、私は、お得意のブランドタッチでディスプレイを直視する、彼の横顔に惚れた。

たまにずれ落ちるメガネを右手で直す彼の姿を横目に、母性本能をくすぐられながら、これからも仲良く交際を続けたいと思う。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

女慣れしていないけれど、そのことをコンプレックスとは思っていない。ダメなところはあるけれど、なんだか憎めない。そんな男の子♪これから流行るのかもしれません。

関連記事