2017.10.03

「忙しい」が口癖の男は彼氏にするな!その理由

こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

あなたの周りに、何かにつけて「忙しい」というのが、口癖になっている男性はいないでしょうか?

もし、そんな男性のことを恋愛対象として、気になっているのであれば……できれば止やめた方が良いかもしれません。

それには、次のようなある理由があるからです。

1.単純に要領が悪いだけの男性の可能性があるから

いつも忙しいのは、仕事を抱えるキャパが小さかったり、単純に要領が悪い男性である可能性があるからです。

こういう男性は、何でもちょっとしたことでいっぱいいっぱいになります。
いっぱいいっぱいになると、テンパったり、イライラし始めたり、機嫌が悪くなることも……。

これでは、一緒に付きあっていても楽しめないと思います。
普段の行動を観察し、彼が「要領の悪いタイプでないか」見極めましょう。また、彼の話から、本当に忙しいと思えるような仕事量なのかをイメージしてみるのもいいでしょう。

2.仕事以外何もなく、つまらない可能性があるから

「忙しい忙しい」と時間に余裕がないので、仕事以外何もしていない可能性があります。

ですから、遊びに行っても、頭の中は仕事ばかり。時間をたっぷり使う余興ですら、無駄な時間と捉えられてしまうかもしれません。

これでは、一緒にいても会話が弾みにくく、ゆったり楽しむことができない、お付き合いになるでしょう。

やはり、仕事もしっかりやっていて、休むときはしっかり休む。遊ぶときは遊ぶ。そのようなメリハリのある生活をしている男性の方が、一緒にいても楽しいものです。

3.付き合った後も、忙しいを言い訳にする可能性があるから

付き合った後も、色々なシーンで「忙しい」を言い訳にされる可能性があるかもしれません。

たとえば、LINEを返さないのも忙しい、電話できないのも忙しい。
会えないのも忙しいから。約束やイベントごとを忘れた時も、忙しい……などなど。

付き合っていく上で不満が生まれても、仕事を言い訳にされると反論もできません。これではフラストレーションでいっぱいになってしまいますよね。

女性としては、本当に忙しいとき以外は、言ってほしくないものです。

4.そもそも、脈ナシかもしれない

男性は女性の誘いを断る文句として、「忙しい」を使うことがよくあります。

もし、断り文句としていっているなら、脈はないですし、今後2人の関係が進展する可能性も低いと思います。

ここで、余計な労力を使うよりも、さっさと別の男性を探した方が、あなたの負担も少なく済むのでいいのではないでしょうか?

もし、それでもあきらめきれない場合は、一旦連絡を取るのをやめ、自分磨きをして、魅力をUPさせることをしましょう。

おわりに


いつも、ヒマな男性もつまらないものですが、いつも忙しい男性も問題ありです。彼が本当に忙しくて言っているのか、または上記の理由で言っているのかをしっかりと見極め判断しましょう。今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)
関連キーワード

関連記事