2017.10.17

実はある!LINEで男を落とすタイミングを学ぶ

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。女性のほうから男を口説き落とす時には、何が必要か?
ただ、「好き」という愛情表現をしつこいくらいに連発すればいいか?追っかけたい特性をもった男にとっては、絶対これは逆効果です(笑)。
一番効果的なのは、男のグッとくるタイミングを狙って、愛情表現をすること。

伝え方は、LINEでOKです。では、『効果的なタイミング』とはいつなのか?それをご紹介します。

1.誕生日

まずは、誰でも1年1回にある誕生日です。誕生日をお祝いされて嬉しくない人なんていませんよね(笑)。

彼との何気ない会話やSNSのやりとりで誕生日情報を記憶することは必須です。そして、LINEで「おめでとう!」って送るだけで、「俺の誕生日、覚えてくれてたんだ。」と幸せの余韻にひたることができるので効果的。

さらに上級者なら、少しサプライズ感をここにプラスするといいです。ひとつは、サプライズをより高めるために、誕生日を彼の友達やSNSで事前に調べておいて、より彼の気持ちの中で、「知ってくれてたんだ」という感動を高める方法。

もう一つは、誕生日から6カ月前or後に、「ハーフイヤーメッセージ」をさりげなく伝えるのも、心に残る演出です。誕生日は、気にかけてくれてる人も多いなか、「ハーフイヤーまで、気にかけてくれているんだ」、その心配りにちょっと感動するんです。

2.緊急時 (台風、地震、悪天候)

緊急時にLINEを送るのも、男が感動するポイントです。台風、地震、大雨などの悪天候など、こんな時に、いち早く「地震、大丈夫だった?

心配になってLINEしました。」と送るだけで、男としてはジーンです(笑)。これは、逆に女性がやられても嬉しいもんですけどね。
もちろん、本当に大変なときはこんなことやってる場合じゃないのですが。

3.会った翌日の昼食時 

前日、デートや飲み会で彼と会ったとします。で、その日じゃなく翌日の昼食タイムに、「昨日はありがとうございました。

○○君と話ができて、楽しかったです!」なんて送れば、男のテンションは最高潮です。翌日の昼に送る効果としては、翌日の午前中までに来るだろうという期待感を裏切られたまま、あきらめかけたデットラインがランチタイムなんです。

だから、逆にLINEが来たときの嬉しい感情のふり幅がすごいんです(笑)。

4.弱っているとき

とにもかくにも、彼が弱っているときにググッと攻め込むのが大事です。仕事で上手くいってないときや体調が悪いときに、あなたからの優しい、励ましのメッセージは、どんなな薬より効果大です。

こんなときに、将来あなたと結婚したときのイメージが沸いてくるんです。
一緒に生活するとなれば、ヴィジュアル重視より、精神的に支えてくれる癒しを持ってる女子を、間違いなく男は選択しますから。

おわりに


大切なのは、まとめて言うと「差別化」です。彼が、人気があればあるほど、あなた以外にもライバルは多いはず。

でも選ばれるのは1人なわけです。どこで差別化するか?
最終的に、彼のそばに、一番近く寄り添えるひとの勝ちです。だから、今日紹介したテクニックをぜひ、使ってみてください。

あくまでテクニックなので、こころの底から、いたわりの気持ちがないと、バレちゃいますよ。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)
(あかねぴ @akanepi0426/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)
関連キーワード

関連記事