2012.02.20

本格的なのに簡単なムースの作り方



手作りのお菓子は作るのが楽しいし、プレゼントにも最適ですが、揃えなければいけない道具や材料が意外と多いのがやや難点。

そこで今回はスーパーマーケットや100円ショップでも手に入る材料を使用し、特別な道具を使わずにムースを作る方法をご紹介します。

男性向けに考えたレシピですが、作業時間が短いのでお子様にもオススメできます。

用意するもの

材料

マシュマロ 牛乳の1/3重量 
牛乳 型の容積に合わせる
クッキー又はビスケット 適宜

キッチンスケールがない場合はパッケージに内容量の明記された、1個が大きめのマシュマロを選んで下さい
クッキー又はビスケットはナッツやチョコの入っていない物を使用して下さい


道具

小鍋
掻き混ぜる為のへらやスプーン
軽量カップやキッチンスケール……がない場合はペットボトルの蓋
型として市販のデザートのカップやガラスの容器、和風にするなら陶器もオシャレ

設備

ガスコンロか電子調理器
冷蔵庫

分量を量る

型に水を入れます。
仕上がったムースの水位のイメージに合わせて入れて下さい。

その水がペットボトルのキャップで何杯分になるかを計ります。
1杯分に満たない余分も1杯としてカウントします。

次にマシュマロ1個分の重量を計算します。

マシュマロの1個分の重量
=パッケージ記載の内容量÷パッケージ内のマシュマロの個数

マシュマロの必要個数
ペットボトルの蓋で量った杯数×2.5÷マシュマロ1個分の重量
 
小数点以下は四捨五入してください。

基本のムースの作り方



クッキー又はビスケットを砕いて、1滴単位で少しずつ牛乳を加えてぼそぼそしたペースト状にします。
粉っぽいくらいが好ましいです。



ペーストを型の底に敷きます。

砕くのが面倒なら暫く牛乳に浸しておいたクッキーでもよいです




小鍋に牛乳とマシュマロを入れて加熱します。


軽く混ぜながらマシュマロを溶かし、完全に溶けたら火から下ろします。

型にムースを流して冷蔵庫で冷やし固めます。



意外と柔らかいムースなので、型抜きよりも、容器に流して固めたほうが綺麗です。

簡単アレンジ

まず最も簡単なのは最初からフレーバーや、ゼリーなどで味の付いたマシュマロを使用すること。
全く同じ手順でできます。

一番最初に牛乳にココアや抹茶、ジャム等を溶かすのも面白いです。

ムースのフレーバーによってはクッキーにココアや抹茶が練りこまれた物を使用してもよいですし、逆にあっさりをコンセプトにして、クッキー関連の工程を全て省くと一層簡単です。



これはクッキーを使わずに、ムースにブルーベリージャムを溶かした物。

ティラミス風のアレンジ


クッキーは濃く溶いたインスタントコーヒーでペーストを練ります。

ムースに使うマシュマロはプレーン、又はレモンを使用します。
プレーンの場合は牛乳100ccあたり小匙1/2のマヨネーズを溶かします。
よく攪拌してください。

画像のように、クッキーは2段以上にします。
が、クッキーの水分が多いと沈殿してしまいますので、水加減に注意してください。

固まったら配膳の直前に茶漉しでココアパウダーを振ります。
ココアパウダーは純ココアを使用して下さい。
場所によっては100円ショップにもあります。


関連記事