2017.10.20

コレでデート失敗しました!トレンドファッションの「落とし穴」って?

世の中にはメイク、ヘア、ネイル、ファッションなど、様々なトレンドがありますよね。

トレンドファッションは可愛くてついつい真似したくなってしまいますが、男女の感覚は違うもの。デートにるんるんで取り入れたのに、「ナニソレ?」と言われてしまうことも…。せっかくのデートなら、少しは彼に「かわいい」って思ってもらいたいものです。

そこで今回は、「コレで失敗した!」という失敗談を聞いてきました。皆さんも参考にしてみて下さいね。

1.ウェットヘア

「気になるカレとのデートなので、何時間も早く起きて髪の毛を流行りのウェットヘアにして家を出たんです。そしたらカレ私を見て『なんだよ、髪くらい乾かして来いよww』って…。何度も違うって言っているのに聞いてくれないし、デートに髪を乾かして来なかった女って思われるし、最悪でした」(20歳/学生)

たちまちセクシーでモードっぽい雰囲気になることが出来るウェットヘア。お洒落さんなら、誰しもが真似したくなるのではないでしょうか。

しかし知識のない人から見ると、「濡れちゃったのかな?」と純粋に疑問に思われてしまう可能性も。適度な濡れ髪にするように気を付けたいところです。

2.ベロアパンツ

「最近、念願のベロアパンツをGETしました。ウキウキして出かけようとしたら家族が『ちょっと、アンタそれパジャマじゃないの!?』と一言。トレンドなんだよ!と説明していたのですが、家族全員にパジャマと罵られすぎてパジャマにしか見えなくなってしまい、結局着替える羽目になりました(笑)」(23歳/損保)

ベロア素材のパンツって、秋っぽくて最高に可愛いですよね。しかし着こなし方によってはパジャマに見えてしまう、なんてことも・・・。

ベロア初心者は普通のゴムパンツを履くのではなく、腰にベルトやリボンが付いているタイプのパンツを取り入れた方が、パジャマ感が減るかもしれませんね。

3.ピンクメイク

「ナベメイクをお手本に、ピンクメイクを研究したんです。甘めで可愛く仕上がったと思って出かけたのですが、『酔っ払ってるの?』『まぶた腫れちゃった?』などただただ心配され、とっても恥ずかしかったです。」(22歳/SE)

柔らかい透明感に加え、女の子っぽい印象にしてくれる「ナベメイク」。ピンクは女の子を代表する色ですが、使いすぎると腫れぼったくも見えちゃうのかも。
あくまでも差し色程度に使い、濃く塗りすぎないのがポイントです。

4.マキシスカート

「気になるカレとデートをして、お気に入りのマキシスカートを履いていきました。階段を上がっていたらカレが『うわ、きたねぇ』とぼんやり。目線の先には私のスカートが。カレに合わせて低いヒールを履いていたのでスカートが地面に着き、私のスカートは地底のゴミを全て吸収する掃除機かのようになっていました…」(22歳/金融)

マキシスカートは今に限らずとも、常に重宝されているアイテムですね。
しかし自分の身長とスカートの丈をしっかりと考えていないと、アナタのスカートがただの掃除機と化してしまうので注意が必要みたいですよ。

おわりに


こうして見ていると失敗も可愛く思えますが、当の本人としてはなんとしても成功したいところですよね。

トレンドファッションを上手に参考にすることで、イマドキの可愛い女子になってみましょう!(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)
(yuzuyuzu @yu1zu/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)
関連キーワード

関連記事