2017.10.23

思わずドキッな、お酒の席で使える「ほろ酔いテクニック」

お酒を飲んで「ほろ酔い状態」になっている女性は、男性にはとても可愛らしく見えるものです。

さらにほろ酔い状態のときに、ちょっとドキッとさせるような行動を取ったりできたら、男性の心を揺さぶることもできるでしょう。

そこで今回は、お酒の席で使える「ほろ酔いテクニック」を紹介します。

1.さりげなく「上着」を脱ぐ

「女の子が酔っ払って暑くなってきて上着を脱いだときって、本当にドキッとする瞬間かも。こっちも酔った状態だから、余計に刺激的に映るのかも」(26歳/男性/広報)

お酒を飲んでいる途中で洋服を脱ぐのは、男性にはかなり効果的。
急に肌が露わになったり、ちょっとチラ見えしたりしたら、一気にエッチなスイッチも入ってしまうかも。

さりげなく上着を脱いだらノースリーブ姿だったりすると、それまでとのギャップに男心は揺さぶられることでしょう。

2..「髪型」を何パターンか見せる

「飲んでいる最中に、女の子が髪の毛をアップにするのにめちゃくちゃ弱い。一気に雰囲気が変わるし、急にうなじが見えたりして、すごくセクシーに見える」(27歳/男性/イベント制作)

女性の髪の毛は、女性らしさや色気の象徴でもあります。
なので、お酒を飲んでいる最中に、色んな髪型を見せてあげると、酔った色気も加わって、かなり色っぽく見えるはず。

髪をかきあげたり、結わったりほどいたり、アップにしてみたり…。

何パターンか見せてあげると、さりげなく男性を刺激することができるでしょう。

3.「女の子」に甘える

「かなり酔っ払って、隣に座っていた女の子に甘えている子がいて、めちゃくちゃ可愛らしく見えたな。『俺に甘えてほしいー』って本気で思いましたもん」(30歳/男性/マスコミ)

酔って甘える女の子の姿は、とにかく可愛らしく見える。
でも、あからさまに男性に甘えると、ちょっとあざとすぎるし、なんだか軽い女にも見えてしまう。

そういうときは、あえて女の子に甘えてみるのはひとつの手です。

ただ、あまりベタベタしすぎると変な空気にもなるので、ちょっとじゃれついてみる程度でOK。男性は内心ドキドキしちゃっているはずですよ。

4.あとから「隣に座る」

「飲み会の途中で隣の席に座られると、『ずっと俺の隣に来たかったのかな?』とか思っちゃう。嫌いな男の隣には、わざわざ来たりしないはずだから」(29/男性/メーカー)

気になる男性の隣には、あえてあとから座るというのもテクニックのひとつです。

「ずっと話したかったんですよ」なんて言いながら、隣が空いた瞬間に座りに行けば、それだけで男性にかなりの好印象を与えられます。

ほろ酔い状態の女の子が隣の席にくるのは、それだけで男性をドキドキさせたりもするはず。

おわりに


「ほろ酔い状態」の女性は、可愛らしいしちょっとエッチな感じにも男性には見えます。

だからこそ、ドキッとさせることができる絶好のチャンスでもあります。あざとくなりすぎないように、行動をするのがコツですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事