2010.03.01

どうせなら仲良くやりたい!後輩・部下に嫌われない方法


会社とは、さまざまな世代の人間が共存する場所。
数年しか歳が違わない後輩でさえジェネレーションギャップを感じるのに、親子ほども年齢差のある部下などは、どう会話していいかもわからないものです。
今回はそんな後輩や部下とうまくやっていくために、気をつけておかなくてはいけないポイントをご紹介します。

【その1】親父ギャグ・ダジャレは一切言わないこと。

後輩や部下に気に入られようとするあまり、または場の空気を和ませようとするあまり「布団がふっとんだ」レベルのつまらない親父ギャグを言っていませんか?
そのようなダジャレは、言えば言うほど逆効果です。今すぐにやめてください。

<ポイント>
あなたが親父ギャグを言った際、後輩や部下は笑っているかもしれません。しかし、心の中では「サムイ」と思っているのです。あなたが先輩、上司だから、仕方なく笑っているだけなのです。一度くらいならまだいいでしょう。でも、笑ってくれてからといって何度も連発すると、お互いの距離は開くばかりです。

【その2】話を長くしない。

 何気ない会話や後輩や部下が仕事の質問をしてきたとき、自分の経験や過去の事例などを、長々と話していませんか?
 あなたが経験豊富で、教えたいことが山ほどあるのはわかります。しかし、ああでもないこうでもないと話していると、聞いている後輩・部下は「じゃあ結局一体なんなの?」としびれを切らします。
 ここは、まず結果を先に述べてから、過程は関節に。


<ポイント>
あなたが延々と武勇伝や昔話をしている間、後輩や部下は、「そうですか~」と笑みを浮かべながら聞いているでしょう。しかし、この「そうですか~」がポイントです。「そうですか~」が多く連発されるようになったら要注意。相手は退屈やウンザリを感じている証拠です。「そうですか~」に気づいたら、早めに話を切り上げましょう。

【その3】小さなことでも誉める。

 後輩や部下の仕事ぶり、態度など、目につくこともあるでしょう。そこに集中してしまうあまり、誉めることを忘れていませんか?マイナス点ばかりを見て評価するのではなく、些細なことでもいい点を見つけて、誉めてあげましょう。


<ポイント>
人間、誉められる方がやる気が出るものです。いくらあなたがサムイ親父ギャグを言ったり話の長いウザイ人であったとしても、目上の人に認めてもらえるのはうれしいものです。ここはひとつ大人になって、小さなことでも誉めてあげましょう。よりお互いを認め合うことができるはずです。

【その4】愚痴を言わない。

 あなたは日々、自分の上司、取引先などに挟まれ、いろんなストレスを抱えているでしょう。そのあまり、ときどき後輩や部下に愚痴をこぼしていませんか?お気持ちはわかりますが、それは即刻やめてください。


<ポイント>
人の愚痴というのは、聞いていて気持ちのいいものではありません。ましてや目上の人の愚痴なんて、聞いたところで愛想笑いを浮かべながら相槌を打つほかなく、大変疲れるものです。愚痴言って得るものはなにもありません。

【その5】たまには弱みを見せる。

 後輩や部下によく思われようと、自分を大きく見せようとしたり、弱みを出さないようにしていませんか?格好つけないほうが、自分のためでもあります。


<ポイント>
たまには人間らしいところを見せた方が、親近感がわくものです。過去の自分の失敗談などをお酒の席のときにでも話すと、後輩や部下たちは「この人もこうだったんだ」と安心し、自信にもなるはずです。

まとめ

 以上、後輩や部下に嫌われないための心得を5つ紹介いたしましたが、大切なことは、あなたが無理をせず自然体で彼らに向き合うことだと思います。気を遣って無理をする必要はありません。それがかえって徒となってしまうこともあるのです。

 あなたが人として裏がなく、正直に一生懸命に日々がんばっていれば、それは部下であれ目上の人であれ、必ず味方についてくれます。

関連記事