2017.11.11

素直さが増えると女子はどんどんモテる

多くの女子はもっと素直になればモテます、と書くと、全国の女子を敵に回すことになってしまうのかもしれませんが……でも素直さって、あればあるほどモテやすい、というのは、恋愛におけるひとつの真実です。

■好きかどうかわからない

たとえば恋愛相談でよくあるのが「好きかどうかわからない」ということ。ある男子に告白されました、「好きかどうかわからない」。あるいはつきあっている彼のことが「好きかどうかわからなくなった」という相談。

こういう相談に対して、もちろん一般論でお答えすることは可能です。いかようにでもお答えすることができます。が、この「わからない」の根本はつねに「じぶんの気持ちに素直になれば、自動的に答えが出てくる」です。

**

ある女子は「好きかどうかわからない」となっても、素直になって考えることをせず、「好きかどうかわからないけど、とりあえず彼氏としてキープしておく」と言います。

つまり定期的にエッチできて、ごはんを奢ってくれたりする相手をキープする。これはこれで、ひとつの「よく生きるための知恵」です。やりたいことができずにモンモンとするくらいなら、とりあえずキープする。いいこととは思わないけれど、誰もが持っている性欲望に対するひとつの答えにはなっていると思います。

でもそういう考え方って、いわば「斜めに出る」ようなこと、つまりテクニカルなことであって、根本的なことではないですよね。根本はあくまでも素直さ、だから。

■後悔が生まれる前に


彼のことが好きならつきあう、好きじゃないのならつきあわない。このハッキリした二択に、素直さで答えることができると、かなり恋愛観が広がります。じぶんの世界観が広がります。友だちができやすくなります。

でも、思うんですが、今の時代、じぶんの気持ちに正直に生きることって、かなりむずかしかったりもしますよね。ゆえにじぶんの気持ちに素直に生きる生き方って、すごく「高級なこと」になってしまっているように感じます。

じぶんの気持ちに素直になればなるほど、周囲との軋轢(あつれき・・・ギクシャクすること)に悩まされます。「空気を読めよ、おいッ!」って言われます。困りますよね。
でも、恋愛においては、つねにじぶんの気持ちに正直でいられるように、意識してみては?

**

そのほうが彼もスッキリして気が楽、つまり楽しいはずなんです。「あなたのことは好きだけど、つきあおうかどうしようか迷ってて……でも好きなんだよね」なんて言われたら、男子はもう、どうすることもできないのです。

で、あげく、お互いに遠くから相手のことをチラ見して、偶然どこかでふたりで会っても、チラ見したことが気まずくて、よそよそしい態度になって……で、後年、「あの彼とつきあっておけばよかった」と思うわけでしょ?

じぶんの気持ちに素直じゃないと、あとから、うまく言葉にならない後悔が生まれてきます。それはじぶんでじぶんのことを責めずにはいられないような、いわば強烈な後悔です。
なぜ後悔するのか?あなたが素直じゃなかったがために、彼の気持ちを踏みにじってしまった、そしてその気持ちはもう二度と、元には戻らないからです。(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)
(あかねぴ @akanepi0426/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

関連記事