2017.11.17

恋愛の優先順位が低い女性の方が、恋愛上手になれる

恋愛はとても大事なものですし、前向きな気持ちにさせてくれたり、やる気を与えてくれたりするものでもあるでしょう。

でもだからといって、恋愛の優先順位があまりにも高すぎる女性は、男性からすると、ちょっと敬遠してしまう女性でもあるかも。

実は、恋愛の優先順位が低い女性の方が、意外と男性は気になってしやすいものなのです。

■「魅力的な女性」に見える条件

仕事や趣味、プライベートが充実していて、日々をちゃんと楽しんでいる女性は、男性にもやはりキラキラ輝いて見えるもの。
それはいわゆる「魅力的な女性」であるとともに、「魅力的な人」でもあるので、男性も心惹かれる。

もちろん恋愛だって楽しめる、心や時間の余裕も持っていますが、恋愛への執着心がそれほど強くはないのかも。「何よりも恋愛が一番大事!」ではなく、恋愛も大事だけれど、仕事もプライベートも大事で、ここでも幸せや楽しさ、充実感を味わえる。

こういう姿勢の女性の方が、男性は「振り向かせたい」という気持ちになるのでしょう。

■「好き」という気持ちが変形していく

恋愛の優先順位が高い女性は、常に頭の中も好きな男性のことでいっぱいになります。
それが「好き」という気持ちだけで留まるのであればまだいいのですが、徐々にそれも形を変えていくもの。

「束縛」になったり「執着」になったり、「干渉」や「監視」になったり…。
恋愛への熱量が高い人は、そのぶん、こういったマイナスな感情も大きく出てしまいがちです。

他に目を向けるものも持たないと、好きな男性への愛情が思わぬ形で爆発してしまう可能性も高くなるのでしょう。

■「飢餓感」を与えられる

男性は「束縛」や「執着」が強い女性からはとにかく逃げたがる。
でも、「束縛」も「執着」もほとんどしてくれないと、それはそれで寂しくなるものでもあるのです。
逆に気になってしまい、気づいたら自分の気持ちの方が大きくなっているなんてことも。

恋愛の優先順位が低い女性というのは、まさにその「飢餓感」を男性に与えることができます。それでいて、きちんと愛情はあって、突き放してはいない。

そうなると、男性に「追いかけさせる」ことが上手な女性にも、自然となれているのでしょう。わかりやすすぎて強すぎる好意は、逆効果になってしまうこともありますからね。

おわりに


好きな男性ができたら、その人のことで頭がいっぱいになるのは当然です。大事なのは、それだけになってしまわないようにするということ。

ちょっとだけ恋愛の「優先順位」を低くしてみると、あなた自身も、恋愛のちょっとしたあれこれに振り回されることが減って、ストレスフリーに恋ができるはず。

男性の、あなたを見る目も変わってくるかもしれませんよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事