2017.11.18

「彼から愛されることが全て」な恋は卒業!あなたの価値は、彼の愛では決まらない

こんにちは、コラムニストの愛子です。

「彼氏に見捨てられたくない」と不安に思うあまり、恋愛を楽しめていない女性は多いのではないでしょうか。数年前までは私もそうだった気がします。自覚がないけれどそういった恋愛パターンを繰り返している、という人もいるかもしれません。

もしかするとあなたも、彼氏に嫌われないため、もっと愛してもらうために、いい彼女でいようと頑張り過ぎていませんか?

今回は、どうしてそんなに不安になってしまうのか、その不安を手放して、恋愛を思い切り楽しむにはどうすればいいのかを、一緒に考えてみましょう。

1.「彼の愛=自分の価値」という思い込み

どうして彼を失うのが怖いのか、考えたことはありますか?
好きな人に嫌われたくない、愛されたいと願うのは自然なことではあります。

でもあまりにもその想いが強すぎる場合は、彼に愛されていれば自分には価値があり、愛されていなければ価値がないと思い込んでしまっているからかも。

過去に失恋したときや、彼に冷たくされたときなどに、自分には価値がないと感じたことはありませんか?また彼にすごく愛されているときは、自分が特別いい女になったような気がするのではないではないでしょうか?

彼に愛されているかどうかで、セルフイメージが大きく左右されるのは「彼の愛=自分の価値」だと固く信じてしまっている証です。

2.アイデンティティのための恋愛?

相手のことを思いやる気持ちより、自分を認めて欲しいという気持ちが上回るような恋愛を、心理学的には「アイデンティティのための恋愛」と言います。

人は誰でも大人になる過程で自分がどんな人間なのかを知り、自分らしさを確立していきます。しかし、それを自分で模索せず、人の評価を通じて見つけようとすることもあるそうです。そしてそのとき特に強く影響するのが、親や恋人からの評価。彼氏ができると、「彼の愛=自分の価値」と思い込んでしまうのは、これによるものです。

彼氏からの愛や褒め言葉を得ることで、「自分は素晴らしい女性だ」ということにしたい。「自分を高く評価するためには、彼の愛情が必要」だから、それを得るために、彼に甲斐甲斐しく尽くす。結局、「彼のために」とは思っていないんですよね、これって。

これも1つの経験なので、一概に悪いことだとは思いません。でもお互いに相手を思いやれる幸せな恋愛をスタートさせるには、自分探しのための恋愛を卒業しなければなりません。

3.あなたの価値は、彼の愛では決まらない!

「私のこと愛している?」「私って綺麗?」「私のどこが好きなの?」と、不安で彼を質問攻めにしたことはありませんか?あなたは、彼に何と答えてほしいですか?

心に浮かんだ答えを、あなたが自分で、あなた自身に何度も言ってあげてください。人からいくら評価されても、自分が自分を愛せなければ、自信って持てるものではないのです。

彼の愛であなたの価値は決まりません。あなたには元々ちゃんと価値があることを忘れないで!どうかそれを、自分自身で認めてあげてください。

4.自信を持って相手をちゃんと見れば、恋が楽しくなる

「彼の愛」と「自分の価値」を切り離して考えられるようになると、相手の評価を気にする必要がなくなるので心に余裕が出来ます。彼を通して自分がどう映っているか見ることもなくなります。すると今までよりもっとちゃんと、彼のことを見られるようになっていきます。

そうなると、彼に好かれるためではなく、本当に彼のためを思って行動したり、彼ばかり優先するのではなく自分がどうしたいかを基準に判断したり出来るようになります。対等な関係を築くことが出来るのです。

そんなあなたの変化は、きっと彼にも良い影響を与えるはず。あなたに触発されて彼の態度もまた、より思いやりや本当の愛に溢れたものにかわっていくでしょう。そうなればもう苦しい恋はお仕舞。今までよりもっと楽しい恋の始まりです!

おわりに


まずはあなたの価値をあなた自身が認めてあげてください。そうすれば必ず今とは違った愛され方、愛し方に気付けるはずです。

ハウコレ読者の皆様の、幸せな恋を応援しています!(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事