2017.11.21

ふにっ。男子が彼女にされたい「くっつき」

好きな人と身体が触れ合う瞬間て、すごく幸せですよね。何物にも代えがたい。

手をつないだりとか、キスしたりとか、メジャーな触れ合いももちろんいいけど、「え、ここでもくっついてくるのかよー!」と彼氏が思わず微笑んでしまうようなボディタッチで「好き」の気持ちを伝えてみるのもいいかもしれませんよ。

そこで今回は、10〜20代男子と一緒に「男子が彼女にされたい「くっつき」」について考えてみました。

1.席は隣

「レストラン入ったときに、思い切って隣の席に座ってくるのとか好きだよ。ドキッとする」(アパレル/24才)

もちろん、カウンターじゃなくて、テーブル席で、ですよ?
テーブル席で隣同士に座ると、なかなか他のカップルでもやらないことなので、「自分たちの方が超ラブラブ!」感があって楽しいです。

隣に座れば、お店にいながら手をつないだりなど、いつものデートよりもピッタピタな時間が過ごせそうです。

2.「手をつなぐ」を超えて

「手をつなぐのもたしかにいいけど、もっというなら、おっぱいが当たるくらいにぎゅーって腕を組んだりお互いに腰に手を回したり、そういうデートができると、外デートでも楽しめる。彼女の感触が」(美容師/23才)

手をつなぐというのは、たしかに嬉しいボディタッチではあるんですが、当たり前というか、必要最小限って感じもしますよね。それをしたからって、だからどうした?っていう。

ですので、それを超えて、腕組みなんかも試してみてほしいですし、電車の中で、ほとんどハグなんじゃないかっていうくらいに密着してるカップルのこともちょっとは見習ってみてもいいのかもしれませんよね。

3.ベッドでピタっ

「デートで俺の家に来たら、まずはベッドに寝転がって、彼女とくっついてごろごろ転がる。外だと密着できない分、こうやって彼女パワーを充電するのがお家デートの醍醐味です」(法律関係/24才)

お家に一緒にいるのに、わざわざ離れたところに座ってるのはもったいないですよね。

「ふたりきりだー!」って喜びを爆発させて、とにかく接近、密着。バイバイしてもしばらく感触を覚えていられるように、ずーっとベタベタ。

部屋でもシャイを気取ってる男子だって、絶対にこれ、したいですから、あなたからいってあげてください!

4.飲み会で密会

「彼女と同席する飲み会のときに、彼女と隣同士になって、周りにバレないように手を繋いでるのが楽しかった。その子と付き合ってることは周りには内緒にしてたんだ」(大学生/19才)

みんながいる中でふたりだけでこっそりラブラブするのが一番楽しいですよね(笑)。
付き合う前だけどいい感じのお二人や、この男子みたく付き合ってるけど内緒なお二人だけが楽しめる特権ですから、ぜひお試しを。

おわりに

私の友達が「体の距離は、心の距離」なんて名言(迷言?)をつぶやいてて、なるほどなーと思ったことがありましたが、よほどベテランカップルさんでもない限り、デートのたびにラブラブなボディタッチは欠かせません。

人は近づくほどに、相手への親近感を覚えるものですからね。たくさんボディタッチをすることが、それだけたくさん相手の心にも触れることになるのです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事