2017.12.07

意中の彼を落としたいときの「上手な距離の縮め方」

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。意中の彼がいるんだけど、どうアプローチしていいか悩んでる女子の人いませんか?

そういうときは、いっきに距離を縮めるんじゃなくて、徐々に距離を縮めながら追いこんでいきましょう(笑)。今回は、自然な距離の縮め方についてまとめてみました。

1.質問力

例えば、LINEなどで自分からデートに誘うとしましょう。「今度、映画行きませんか?」は質問の仕方としては下手くそですね。なぜなら、これは選択肢がYESorNOしかないクエスチョンなので、「行かない」と断られたり、「いいね」と好感触に返信しときながら、はぐらかされるパターンもあるから。

ここはYesorNoクエスチョンじゃなく、どちらか選ばせる選択クエスチョンで、半ば強制的に約束をとりつけるほうにもっていくべきです。この質問のコツは、当たり前かのように「今度、イタリアンと焼肉、どっちか行かない?」みたいに投げかけてみること。この質問をされると、すごーく断りづらいんですよね(苦笑)。よほど、あなたのことが嫌いじゃない限りは、大丈夫です。

2.タッチ

意中の彼と距離を縮めるには、相手に触れるという行為はマストアクションです。普通、触ってくるのは男からのほうなので、女性から触れるというのは、なにかしらの理由が必要になってきます。女性が理由無しにベタベタ触るのも、喜ぶ男もいれば、若干の恐怖を覚える男もいますから、その理由というのは結構大切です。

一番、自然に触れる方法は、「どれくらい大きさが違うか、手の大きさを合わせる」というパターン。

昔、彼がスポーツやっていたという会話を聞けば、「じゃあ手が大きいんじゃない?」と話をもっていけますし、そんな情報が会話で出てこなければ、自ら「私、手がすごく大きいor小さいんだ」のトークでもっていくことも、そんなに不自然じゃありません。触れた瞬間のその感触に、相手もドキットすること間違い無しです。

3.先手必勝 

知り合って早々に、恋愛トークを出しておくことも大事です。恋愛トークとは、彼の彼女いる?なし?いなければ、「彼女が欲しいのか?」「どんなタイプの彼女が欲しいのか?」そうすることで、ニ人が恋人になる発展性を、早々に共有しておきましょう。

知り合って恋愛の話をせずに友達期間が長くなると鮮度が落ちてくるので、恋愛モードに切り替えるまでに時間がかかってしまいますから。

4.運命を意識させる

さりげなく運命を意識させることも、相手との距離を縮める手段としては使えます。例えば、「今年、占いで素敵な彼ができるって言われた」のようなことを、さらっと情報を入れるだけでも彼の頭の片隅に残って意識するものです。僕の好きな言葉、「偶然は必然である」のように、出会うべくして二人は出会ったということです。

だって、これだけ世の中には星の数ほどの男女がいるのに、二人が出会ったということは運命以外なにものでもないですよね。

おわりに

男性の強引な距離の縮め方は良しとする世論はあっても、女性の強引な距離の縮め方を良しとする世論は少ない気がします。だから、計算高くいかに自然に見せるかが大事です。今回のコラムを参考に、自分なりに研究してみてください。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事