2017.12.14

「出会いがない」という人は、出会い方を間違えているだけです!

合コンや街コンなどに参加しても「出会いがない……」を繰り返していませんか?不毛な出会いの場が続くと、全てが無駄に思えたり、自信をなくしてしまうこともあります。

でも、その原因は「出会いの場を間違えている」ことにあるのかも。元女探偵の筆者が、現状を見直すことや出会いの場を変えてみることでチャンスが広がる理由について解説します。

■1.街コンに向かないタイプは?

一度に複数の人と知り合える機会のある街コン。効率的で良さそうですが、向くタイプと向かないタイプがいます。

向くタイプとは
・黙って座っていても勝手に男性が寄ってくるくらいの美人
・積極的に動ける友達がいる
・自分から話しかけることができる

のいずれかです。

大人数だからこそ、その中でコミュニティを瞬時に作って、そして渡り歩いていく。これができてこそ、たくさんの人と出会える「街コン」。

何も努力しなくてもモテる美人はそもそも街コンに行く必要すら無さそうですが、そうでないのなら、「参加するメンバーの人間性」「初対面の人とも平気で話せる会話力」の2つです。

この2つに自信がないのなら、街コンには向いていません。コミュニティが自然とできる、職場や趣味の場にいる男性を見直してみましょう。

■2.合コンや食事会に向かないタイプは?

合コンに向かないのは、好みじゃないと思った人のアラ探しをしてしまうタイプです。

合コンは街コンと違って、一度に数人としか知り合えません。数時間は一緒に過ごすことになるので、相手を嫌だと思ってしまうと残りの時間が苦痛になってしまいますよね。

でも、ここでつまらなそうな顔をしてムダな時間を過ごすのはもったいない!相手の良いところを探し、楽しそうにリアクションすることを心がければ、その人の友達を紹介してもらえる機会も広がるかもしれないのです。

一緒に過ごす時間を100%楽しむことを意識してみると、出会いのチャンスはぐっと増えるでしょう。

■3.アプリでの出会いに向かないタイプは?

恋人作りのきっかけとして増えている恋活アプリですが、「理想が高すぎる人」には不向き。アプリでも、素敵な男性は競争率が激しく、写真と文章だけでしか判断できないので、人気は「イケメンでハイスペック」な一部の男性に集中します。

他の女性が狙うような男性だけを狙っていては、倍率が高すぎていつまで経ってもマッチングしません。男性はあまり写真にこだわらず適当にプロフィール写真を載せている場合もあるので、写真だけで判断せず、会話の相性が良ければ会ってみるなど、柔軟な態度が出会いのチャンスを拡げますよ。

■4.知人からの紹介の出会いに向かないタイプは?

「いい人がいたら紹介して」と友人に頼んでおいても、紹介されやすい人と紹介されにくい人がいます。その違いは「具体的なお願いをしているかどうか」。

紹介されやすい人は具体的な条件を出してお願いしているので「あ、この人なら合いそうだから紹介しようかな」と思ってもらえるチャンスを逃しにくいといえます。

「優しい人」「イケメン」などの人によって感覚の変わる主観的な条件ではなく客観的な条件を挙げるのがポイントです。

「身長175センチ以上」「次男」「ビール好き」「マラソン好きの人」など条件は具体的であればあるほど「この人なら条件に合うから紹介しよう」と思ってもらえる確率がアップしますよ。

おわりに

出会いが少ない人は、出会い方を間違えているケースが多いのです。行動や考え方を見直してみると、ぐっと出会いは広がりますよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事