2010.03.02

なりたい自分を実現しよう!就職氷河期の現代にできる転職術

就職氷河期!と言われるこの時期に、転職される方!
本当に大変だと思います。
昨今の転職事情、実際に10何社に応募して、実感を込めて
勝ち抜くには、どうすればいいのか、考えてみました!


1<あせって探すな!>

転職する際、早く見つけたい為に、あせってしまいがちです。
多少、賃金が安くてもいいや!とか、この会社はよく知らないけど、
とりあえず、面接でも受けておこうとか、思ってませんか?
面接に行ってみると、こういう会社だったのか!と思ったりしますよ。
その会社の情報をきちんと把握しておくことを、お勧めします。
でないと、「わが社を志望された動機は?」と聞かれても、あいまいな
返事しか出来ず、熱意がまったく伝わりません。
ホームページを見ておくなり、実際にその会社に前もって行ってみるなり、
しておくことを薦めます。
最近は、交通費がきちんと出ないところなども、パートですとありますので、
後でしまった!と後悔しない為にも、妥協しすぎてはいけないように、思いました。

2<即戦力を要求される>

今のこの厳しい時代、会社も余裕がなく、入社してから鍛えるのではなく、
即戦力!としての人材が要求されます。
いきなり面接で「即戦力しか要りません!貴方は、このくらいの売り上げを
毎日上げられますか?」と聞かれることもあります。
「出来ます!やらせて下さい!」と、自信を持って言うためには、前の会社
でも、それと同程度の実績を上げていなくてはいけません。
特に販売や営業を希望される方は、覚悟しておいて下さい。

3<スキル、経験は重要>

たくさんの方が面接に来る訳ですから、その人の持っているスキル、経験は
非常に重要です。会社を辞める前に、身に付けられるスキル、資格、経験が
あればあるほど、有利と言えます。
事務職であれば、ワード、エクセルは必須です。
パソコン経験は、もちろん必須です。
再就職までの間に、ハローワークなどの無料の講習などを、受けておくのも、
いいかもしれません。

4<いままでの延長腺での転職は有利>

今までの業種と同じ、もしくは今までの経験が生かされる転職は、有利
だと思います。
まったく違う業種は、かなり難しいと思います。
しかし、仕事を探す時に、同じ職種で難しい時は、違う職種の中で今までの
経験が生かされるものはないか、探してみるという場合もあります。
例えば、販売の職種でうまくいかないときは、サービスの職種を探して、経験
を生かせるものはないか!と探してみることです。
意外な会社が、貴方の経験に対して、高い評価を与えてくれる場合もあります。
私の場合も、販売では見つからず、サービスの職種で過去の経験が生きる職種を、
見つける事が出来、採用になりました。

5<ハローワークをうまく利用しよう!>

雇用保険に入っていた方は、やめたら離職票を会社にもらっておき、即
ハローワークに行きましょう!
雇用保険がもらえるので、経済的に助かりますし、あわてて探すのでなく、
じっくりと検討する時間が持てます。
健康上の理由などで、早期に退職した場合なども、病院で診断書を出して
もらえれば、特例として、3ヶ月の給付があります。
これは、雇用保険に1年以上入っていなくても出ます。
雇用保険の給付中に、就職が決まった場合などは、再就職支援手当てとして、
残りの給付期間の何分の一かが、もらえたりもします。
詳しくはハローワークのHPを参照してください。

ハローワークインターネットサービス(http://www.hellowork.go.jp/top.html)へどうぞ!

6<あきらめずに、探そう!>

根気よく、ハローワークや就職支援サイトを検索しましょう。
その時は無くても、新しい情報が追加されている事もありますので、
こまめなチェックが必要です。
今は、どの仕事に対しても、10人から20人は応募があると思っていい
です。それだけの中から選ばれる訳ですので、不採用になっても、あきらめずに
探してみよう!

7<面接の時には>

面接官が、まったく顔を上げないとか、にこりともしない時は、だめだと
思っていいです。話を良く聞いて、しっかりと自分の意見や、アピールを
してみましょう。
相手の話に、お互いが共感できるような返答が出来た時は、ポイント高いかも?

8<見つからないときは、時間をおいてみる>

探しても、不採用が続くとだんだん、気持ちが滅入ってきます。
その時は、少し間をおいて、ゆっくり考えてみることです。
面接時にどういう事を、面接官が言ったか、自分はどういう受け答えだったのか、
落ち着いて考えてみます。
その他、履歴書の書き方や、職務経歴書の書き方はどうかなど、チェックしてみて
下さい。
私も、雇用保険の1回目の給付が降りてから、改めて探そう!と覚悟を決めて、
待っていました。
その間、自分の面接時の態度などを、ゆっくり考え直す時間が出来ました。
その結果、思わぬ好条件での再就職が、出来たように思います。

9<ハローワークの良い利用法>

ハローワークの職業相談に、行ってみてはどうでしょうか?
ハローワークでは、雇用支援のために、たくさんの職業訓練が用意されています。
無料の職業訓練を受けながら、雇用保険がもらえたり、雇用保険のない方には、
給付金が出たりもします。
いずれも、試験を受けて訓練を受けるのですが、窓口にぜひ相談に行ってみよう。
最近は、とても親身になって相談に応じてくれます。

これから転職される方は、頑張ってください。
とにかく、自信を持って、あきらめずに挑戦していくことです。
健闘を祈ります!

関連記事