2012.03.07

付き合うとめんどくさい!中二病男子の見抜き方



痛いヤツとして扱われる「中二病」。
「あいつって、ホント中二病だよな」とか言ってる男に限って、彼女の前では「恋愛中二病」を絶賛発症中ってことがあるんです。
イタイイタイ。めんどくさい。
まだまだ精神的にお子様な男の子に時間を使う暇があったら、次を探したほうがいいかもしれません♪今回は、中二病男子の見抜き方をお教えします。

女の涙にすぐにだまされる

女にとって涙は武器。世の女性は、このことを自覚して男の前で涙を流します。

涙を流せば、許してくれる・・そんな彼は、まだ女という生き物をよく理解していません。「女は弱い生き物で、自分が守らなければならない」などと誤解している恐れがあります。

愛には苦しみが伴うと本気で思っている

ケンカが絶えず何度も別れ話をしているのに、そのたびに、彼が何度も復縁をせまってくるとしたら、交際は考え直したほうがいいでしょう。

彼は「別れの危機」こそ二人で乗り越えるべき壁であり、それを乗り越えれば二人の愛がさらに深まる、と誤解しています。

「俺はこいつと一緒になるって決めたんだ」が口癖

ケンカをしても、浮気をしても、中二病の男がつぶやく一言は、「でも・・俺、こいつと一緒になるって決めたから」。自分の身分をわきまえないで、実現するかどうかも分からないことを口走ってしまう男は、危険です。

「彼は私と結婚するって言ってくれてるし・・」。別れられない理由を考えたときに、こう思う自分がいたとしたら、冷静に現実をみつめたほうがいいかも。「結婚する」なんて無責任な男ほど、その場の雰囲気で軽く口にするもんなんです。そんな言葉、信用しちゃダメ。

夜景のきれいな場所で後ろからハグしたがる

恋愛中二病の男の子は、映画や漫画にでてくるような「ロマンチックな恋愛」を夢見ています。人目を憚らずにイチャイチャするのが大好き。

夜景の見える展望台や夕日の沈むビーチなどロマンチックな場所に行ったときに、息を荒くして後ろからハグを迫ってきたら・・・気持ち悪いですね。

不毛なケンカを何時間も続ける

約束や用事をドタキャンしてでも、二人で部屋にこもって、ケンカを続ける。

冷静に状況を判断する力のない男は、いざというときに頼りがいのない存在となります。もっとしっかりした大人な男性を選びましょう。

自分の恋愛事情を公言したがる

Facebookのステータスを定期的に「独身」→「交際中」→「独身」と変更する。これはかなり危険サイン。

「お前、ステータスの変更しすぎだろ」と友達にあきれられても、「今回は本気や!!」と周りの目を全く気にしない。

Facebookで交際を公言することで、彼女を愛している気になる・・なんて、なんとも薄っぺらい形でしか愛を表現できない男は、一緒にいる価値はあまりないかもしれませんね。

やたらとSになりたがる

女よりムダに優位に立ちたがる。これも恋愛中二病の特徴。彼とのセックスを振り返れば、大体見分けがつきます。

彼に奉仕をしようすると、「今日は俺がするから、何もしないでね」なんて注文してくる男は、危険サイン!そんなセックスはアダルトビデオを再現しようとしているとしか思えないし、無抵抗になった彼女とすることで快感を得るなんて、自分本位なセックスしかできないつまらない男。

ちなみに、普段から「俺、超Sなんだよなぁ」と言ってる男も隠れ中二病の恐れあり。大人のセックスは、男がSで女がMであるといった具合に、単純にわけられるものではないんです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

三つあてはまったらあなたの彼も「恋愛中二病」の危険があるかも?!さっそく今カレでチェックしてみましょう。

関連記事