2012.03.17

モテの秘密は”ドーパミン”にあった!!イケメンを落とす無敵テク



どうせ付き合うならイケメンがいい♪
でも彼らの心を射止めるためには、メイクやファッションで着飾るだけの小手先テクではダメ!他の女性には負けない「最強テク」を保持している必要があるのです。

そんな気になるテクニックをお勉強しましょう♪

モテの秘密は「ドーパミン」?

ドーパミンとは中枢神経に存在する神経伝達物質で、運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わります。恋のメカニズムもこのドーパミンという脳内物質にあり、快楽を司るドーパミンの大量分泌が、男女が互いに深く惹かれあう秘密となっているのです。

彼を射止めるためには、このドーパミンを大量に分泌させることが必須

自分から「お家に遊びに行ってもいいですか」と告げよ!

見た目の可愛さ、女性らしさをアピールするのは二の次!
まず最初のミッションは、三回目のデートが終わるまでに「お家に遊びに行ってもいいですか」と告げること。どのタイミングでいうかは、彼をみながら自分で判断してください。

目的は「ビッチであると確信をもたれることなく、彼のドーパミンを高めること」。端的にいうと彼に「簡単にセックスができそうにみえるんだけど、なかなか手に入らない女」と思わせることです。

恋愛において相手の興味を自分にひきつけるためには、相手のドーパミンをたくさん分泌させることが必須となります。可愛い女性や色気のある女性を見たときにも、ドキドキしてドーパミンは分泌されますが、そんなテクニックはみんながやっていることなので、モテる男性の心はなかなか射止めることはできません。

「お家に遊びに行ってもいいですか」という一言は、「本当に家に遊びに来たいだけなのか?」「セックスがしたいと思ってるのか?」「こいつ、清楚な感じに見えるけど、軽い女なのか?」などと、男性側に勝手な妄想を膨らませてくれます。

たくさん困惑するうちに、ドーパミンが分泌され、あなたに興味津々になることでしょう。

もし断られたら?

おそらくほとんどの男性が一回目は断ります。
いいんです。そんなことは気にせずに「おしておして、おすんです!」

「私、人の部屋を見るのが好きで」
「どんなお家に住んでるのか興味あって」
「お掃除します!!」

それでもダメなら、腰に手を回して、「お願い♪…今日は帰りたくない」と上目遣いで一言告げましょう。ひとまず、お家にあがってください。

最初の一時間は何もするな!

最初のミッションがクリアできたら、次は彼の反応をうかがいながら、臨機応変に対応をかえていきましょう。

最初の1時間はあなたのほうからはアクションを起こしてはいけません。
理由は、彼に「本当に遊びに来たかっただけなのか…?」と思ってもらうためです。お酒を飲んだり、テレビを見たり、一緒にお家を探検してまわって楽しく過ごしましょう。

おそらくこの間に彼のドーパミンは、大量に分泌され、冷静な判断ができなくなっていることでしょう。そうなったら、こっちのモノ★

ベッドに入って「一緒に寝ませんか」と告げよ!

お家について一時間が過ぎても、彼が何もしてこない…
そんな時は、次のミッション始動のサインです。

寝室へ行き、ベッドに座りましょう。「なんか眠くなってきちゃった…終電もないし、今日泊まっちゃお♪」と言って、横になりましょう。

もし彼が「俺も寝よ♪」と近づいてきたら、ベッドの中に入れても構いませんが、セックスはさせてはいけません。手を出してきたら、「一緒にお話ししましょう♪」と伝え、セックスの主導権はあなたがしっかり握っておきます。

逆に彼が近づいてこない場合は、積極的に誘っちゃってください。

雰囲気でセックスをするな!

最終的に初めてお家に行った日にセックスをするのかどうか、に関してですが、基本的にどちらでも構いません。大切なのは、雰囲気に流されてしないこと

誤解を招く可能性も多いにあるため、リスクを考えるとしないことをおすすめしますが、仮にセックスをするにしても、あくまでも「相手に誘われたからセックスに応じる」のではなく、「自分がセックスをしたいから、相手を誘う」というスタンスでのぞむこと

男性はセックスをすると「自分のものになった」とつきあがる生き物なので、「私がセックスしたかったから、抱かれてやったのよ」くらいの姿勢は持っていてください。

実践する上でのアドバイス

9割の快楽と1割の苦痛を与えるのがポイントです。

「セックスしたい」「もう少しでできそう」とギリギリまで盛り上げておいて、「なかなか手に入らない・・・」という苦痛を男性に与えます。

この匙加減をうまく見極めながら、相手を困惑させることができたら、小手先のモテテクなんて使わなくても、男性はあなたに釘付けになっちゃうかも?!

上手に彼のドーパミンをたくさん分泌してあげてくださいね♪

関連記事