2010.03.03

ワードで簡単!番号付き項目を作ろう

レポートや議事録など、項目毎に「1.」「2.」と番号を入力する事が有ると思います。
しかし、『あれ今何番だっけ?』と前のページを辿っていませんか?
そんな時は「スタイル」を使って、番号付きのスタイルを作っておくと便利です。

※「スタイル」とは「フォント」や「段落」など文字の「書式」をまとめたものです。

では『どのようにして「番号付きのスタイル」を作るのか』を順番に説明しましょう。
【注意】ここではワード2007を使用しますので以前のバーションでの動作などは保証しません。

1. 「スタイル」ウィンドを開く

「ホーム」タグにある「スタイル」グループの右下をクリックします。
(カーソルを合わせると、『「スタイル」ウィンドを表示します。』と表示されます)


1. 「スタイル」ウィンドを開く

すると、「スタイル」ウィンドを開きます。

2. 「新しいスタイル」ダイアログを開く

「スタイルウィンド」の「新しいスタイル」ボタンをクリックします。

2. 「新しいスタイル」ダイアログを開く

すると「新しいスタイル」ダイアログが開きます。

3. 「箇条書きと段落番号」ダイアログの表示

「新しいスタイル」ダイヤログの「書式」ボタンをクリックします。

3. 「箇条書きと段落番号」ダイアログの表示

「書式」サブメニューが表示されますので、「箇条書きと段落番号」を選択します。

3. 「箇条書きと段落番号」ダイアログの表示

「箇条書きと段落番号」ダイアログが表示されます。

4. 段落番号の選択

「箇条書きと段落番号」ダイアログが表示されたら、番号ライブラリの大文字数字を選択(①)して、[OK]ボタンを押下します(②)。

4. 段落番号の選択

選択した段落番号が「新しいスタイル」ダイアログに反映されるので、[OK]ボタンを押下します。

4. 段落番号の選択

「スタイル」ウィンドを閉じます。(「×」をクリックします)

5. 作成したスタイルを使って、番号付きの項目を作る

「スタイル」グループから作成した「スタイル1」を選択します。

5. 作成したスタイルを使って、番号付きの項目を作る

すると編集画面内に「1.」と表示されます。

5. 作成したスタイルを使って、番号付きの項目を作る

ここで「いちばん」と入力してEnterキーを2回押すと、次行に「2.」と表示されます。

5. 作成したスタイルを使って、番号付きの項目を作る

続けて「にばん」、「さんばん」と入力して行けば、数字付きの項目名が出来あがります。

<< まとめ >>

 ワードで番号付き項目を作る場合は、新たなスタイルに「段落番号」を設定します。
作成したスタイルを使えば番号も自動的に割り振りされて便利です。

関連記事