2018.02.16

「仕事に夢中になり始めた彼氏」の取扱説明書

ご購入されたお客様へ。

この度は「彼氏さん」をお買い上げいただきありがとうございます。

こちらの説明書では「お付き合いが始まってしばらくすると仕事に熱を入れ始め、全然構ってくれなくなる彼氏」についての取扱いについて解説させていただきます。

非常に重要なことが書かれておりますので、これから末長くご愛顧いただくためにもできるだけ早いうちに読まれることをオススメいたします。

【前提知識】あなたに興味がなくなったわけではない

まず前提として、付き合い始めるまではラブラブだった彼が、急に素っ気なくなって仕事に熱を入れ始めた時、「私に興味がなくなってしまったの?」と悲観する必要はない、ということをご理解ください。

それどころか、あなたのことを好きになったからこそ仕事に熱を入れたくなったのだと解釈いただきたいと存じます。

男性という生き物は総じて「好きになったオンナをこの手で守ってやりたい」と思う性質を持っているものでして、その「守れる感覚」を得たいがために仕事を頑張り出すのです。

この時期に上司や社外の飲みの誘いに乗り始めます。それは情報収集のためだったり、人脈を作るためだったり、営業数字を上げるためだったりするのですが、その奥底にはあなたを守りたいという願望が渦巻いているのです。

【止めるな危険!】仕事を頑張る彼氏は放置した方が吉です

この時に女性がしてしまうミスとして多いのが、「寂しい」とか「私に構ってくれないの?」とか、彼氏さんの仕事のがんばりに水を差すようなセリフを言ってしまうことです。

これをやってしまうと彼氏さんは「あぁ、この子は自分の気持ちを理解してくれないんだ」と受け取ります。

自分からその気持ちも伝えてないくせに、です。はい、自分勝手ですね。でもそうなんです。気をつけてくださいね。

その気持ちが強まってくると、「束縛するオンナ」、「自由にやらせてくれないオンナ」というレッテル貼りが始まり、本当にあなたに興味がなくなってしまうので要注意です。

この時期になったらあなたにできることは「ひたすら放置」これ一択です。これ以外に選択肢はないとお考えください。

【永久保証】あなたの「待ち」に彼氏は感謝する

先ほど「多くの女性がここでミスを犯す」と述べましたが、逆にここで「待てる」彼女は、彼氏さんからすると非常に貴重な存在になります。

その「待つ」期間は最低でも1年、もしかしたら3年ぐらいかかるかもしれません。しかし、そこまで、つまり「俺は自分の好きになったオンナを守れる力がついたぞ」と思えるまで待ってくれた彼女に対して彼氏さんは半永久的に感謝します。

自分のことを信じてこれだけ自由にやらせてくれたのだから、今度はこっちが返していかないとという気持ちになっているのです。

しかも、そのエネルギーはなぜかその待ってもらった期間よりもずっと長く、5年10年、下手したら生涯ずっと続く場合すらあります。

世の中には少なからず、そんな優良物件どこで見つけてきたの!?という男性を抱えている女性がいらっしゃいますが、その女性たちに共有しているのはこの「待ち」の期間があったということです。

あなたはその間、ご自身の熱中できるものに心血を注いでいただいて構いません。彼氏さんの方で寂しくなってきたら勝手に連絡をよこしてきます。

急いては事を仕損じる、急がば回れ、でございます。ゆめゆめ、彼氏さんの行動を制御するようなことはなさらないようにご注意くださいませ。(川口美樹/ライター)

【恋愛アップデート計画】
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事