2018.02.17

「元カレの悪口は言うな」っていうけれど、わかってくれる人はいます

友達から「好きだった人の悪口を言うなんて最低!」「元カレのグチは言っちゃだめだよ」と言われることもあるはず。でも菩薩のような心を持っていない限り、酷い別れ方(たとえば彼の浮気とか、お金を貸したけれど返してもらえなかったとか……)をして怒らない女性はいないと思います。

そんな精神的にも辛い状況の中、「悪口を言うな!」と正義を振りかざしてくる友達は、もしかしたら本当の友達じゃないかもしれません。

人の心は正しさだけでは癒されない

「好きだった人の悪口は言っちゃダメ!」これは何も間違ったことを言っていませんよね。その人のことを好きになったのは自分なのですから。むしろ人として当然のことかもしれません。でも人の心って、理屈や正しさでは癒されないこともあります。

もちろん彼との別れが自分の浮気などから来るものなら自業自得かもしれません。でもそうじゃないのなら、あなたが傷ついているのは事実です。
正しいか正しくないかよりも、あなたのことを思っている本当の友達なら、あなたの苦しみが痛いほどわかる、もしくは少しでも早く傷が癒えてほしいとわかっているからこそ、「元カレの悪口は言うな」なんて口が裂けても言えなはずなのです。

失恋からわかる本当の友達

「元カレに浮気をされて別れてしまったんです。でもまだ元カレのことが好きで、つい強がって『アイツあんな女のどこが良かったんだろうね~』『マジないわ~』と悪口を言ってしまった。そしたら『そんなこと言うなんて性格悪すぎでしょ!』と、友達にキレられた。その後、距離を置かれるようになりました」(22歳/大学生)

「私が一方的にフラれる形で別れたんですが、やっぱり忘れられなくて。友達と会うたびに『本当最低な元カレだったよね(笑)』とネタっぽくグチっていた。でも私もだんだん元カレのグチを言わなくなっていたみたいで。数年後、私に新しい彼氏ができたのですが、友達から『あの時は元カレのこと悪く言いつつ、本当は好きなんだなって伝わってきたよ』『時間が経つごとに元カレの話をしなくなって、やっとふっ切れたんだなと思った』と言われた。私のことを見守っていてくれた友達に、感謝しかありません」(27歳/一般事務)

本当に彼のことがどうでも良かったら、話題にすらしようと思わないはず。
「元カレのグチを言う」のって、「まだ元カレが好き(少なくとも関心がある)」ことの表れですよね。
真の友達であればいくらあなたが元カレのグチを言っていようと、それが本心ではないことは容易に想像がつきます。
たとえ「グチばかりでつまらないな」と思っても、「いま弱音を吐けるのはきっと私しかいないんだろうな」「本当に元カレのことが好きだったんだな」とあなたを第一に考えてくれるでしょう。

おわりに

当然してもらった恩は返すべきですから、もし友達が悩み、苦しんでいるときは、今度は自分が味方になってあげましょう。
失恋はしたかもしれませんが、そこからはじめて本当の友達が見つかることもあります。
そして「元カレの悪口は言うな!」は正しいけれど、単なる綺麗事。
ほんのひと握りかもしれませんが、きっとあなたの気持ちをわかってくれる人はいるはずですよ。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事