2018.02.25

「なんだか彼とうまくいかない…」彼とギクシャクするとき、本当に必要なこと

彼のことは好きだけど、なぜかふたりの歯車が噛み合わない…という経験ありませんか?

カップルは、ときに些細な不満や思い違いでふたりの気持ちがすれ違ってしまうことがあります。そんなギクシャクを放置していると、場合によっては破局につながってしまうことも…。

では、「なんだか彼とうまくいかないな」と思うとき、関係を改善して前へ進むにはどうしたらいいんでしょうか?

・ギクシャクは避けられない

まず大前提として、カップルが交際していく中ですべてのギクシャクを避けて通ることはできません。

様々な手立てによってある程度予防することは可能かもしれませんが、すべてを予防しようとすると気を張りすぎて疲れてしまいます。彼との関係を楽しむものであるはずの恋愛が、関係を円満にしようと気負いすぎて疲れてしまっては元も子もありませんよね。

つまり、どんなに運命的ななれそめであろうと、普段仲の良いカップルであろうと、「避けきれないギクシャクもあるんだ」と受け入れる気持ちが大切。彼とうまくいかない日が続いても、関係の改善は悲観的になりすぎないところからスタートするのです。

・友達はあなたと彼のギクシャクをどうにもできない

彼とうまくいかないときに限らず、人は困ったときに自分以外のものや人に頼ることが多いですよね。例えば今この記事を読んでくれているようにネットの情報を参考にしたり、友達に相談したりすることもあるはず。

もちろん、友達からのアドバイスによって彼との関係を改善できることもあるでしょう。しかしあえてそれをここでオススメしないのは、長期的に見て「自分だけでできる改善方法」を身につけなければ今後も友達なしでは円満なお付き合いができなくなってしまうから。

彼とあなたのギクシャクの根底にあるのは、「ある原因、または原因不明のままふたりがギクシャクしている」ということと、「あなた自身がモヤモヤしている」という事実だけです。

その事実だけをもってして彼とのギクシャクした関係を改善できるようになるのが、今後のふたりのためになると言えるでしょう。

・気持ちを言葉にして伝える

事実をもって自分で彼との関係を改善するには、自分の「気持ち」をキチンと言葉にして彼に伝えるということが大切です。

例えば、「交際が長くなるにつれてLINEが減り、なんとなくギクシャクしている」のであれば「メッセージが減って寂しい」という素直な気持ちを彼に伝えてみる。無意識のうちにLINEが減っていたのなら彼は言葉にされて初めて事実に気が付くし、あなたの気持ちを伝えることで彼の気持ちを引き出すこともできるのです。

気持ちを言葉にして伝えようとすることで、自分で自分の気持ちを客観視できるようになります。ギクシャクの原因が不安なのか寂しさなのか怒りなのか、それを踏まえた上で彼とコミュニケーションを取ることで、彼とのギクシャクを「ふたりで」改善していきましょう。

おわりに

恋人同士であっても、相手の気持ちをすべて読み取ることなんてできません。そのため、ギクシャクしたときこそ素直に気持ちを伝えあうことが関係の改善に役立ち、ふたりの仲をまたさらに深めてくれるのです。

もちろん、普段から「嬉しい」「好き」といった彼への気持ちを言葉にすることも大切。お互いに大切でかけがえのない存在だからこそ、気持ちをキチンと言葉にして伝え合っていきたいですね。(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)
(後藤真由子/モデル)
(gaku/カメラマン)
関連キーワード

関連記事