2018.02.26

ケンカは、気になる「元カノの影」を倒すチャンス

彼氏とのケンカは、なかなか思うように防げないものです。
ケンカなんて誰もしたいとは思ってないのに、気がついたらいつの間にか始まってる。
これが始まると、イライラするし、「好き」という気持ちすらも一瞬忘れかけてしまいそうになるくらいです。

だけどケンカは、一見ふたりの関係にヒビが入るというピンチにも見えますが、実は、あなたが本当に大事な意味で「元カノを超えていく」ためのチャンスでもあるというのを覚えておいてくださいね。

原因は、共通

ある男性が、その元カノ、元々カノ、元々々カノ……との間で繰り広げてきたケンカには、その相手は違えど、必ず共通点があるはずです。
例えば、その人に「彼女に連絡をしない」という欠点(?)があったとするなら、きっと、歴代の恋人たちみんなが、「なんで連絡してくれないの? 好きじゃないの?」と同じような文句を言い、彼は「そんなことないよ」といまいちピンと来ない反論をし、おさまらずにケンカになるという同じようなパターンを繰り返してきたはずです。

自分のことを振り返っても、「今まで付き合った人とは、たしかにおんなじ理由でケンカしたことあったなー」と思うんじゃないでしょうか。

このことは、もちろん「元」恋人たちだけじゃなく、「今」カノであるあなたにも言えること。あなたがまさに今、彼氏としている(しそうになってる)ケンカは、きっと彼が元カノたちとしてきたケンカと同じもの。

だからケンカになったときにはこう思うんです。
「こんなケンカ、きっと今までの彼女ともしてきたんだろうなぁ。で、ひょっとしたら、それを乗り越えられなくて、次々と別れ続けてきたんだろうなぁ」と。

ケンカは「元カノ倒すゲーム」

「元カノなんて関係ない。大事なのは今」と建前ではわかっていても、その存在を全く意識せずにいられる人はなかなかいません。
ことあるごとに、「元カノと私と、どっちの方が好きだったんだろう」みたいな思いは芽生えてきます。

だから、元カノのことを気にしないことを(かなり無理ゲーなので)諦めて、元カノに勝って自信をつけるゲームに変えてみる。

ケンカになったとき、「『元カノと別れて、この子と付き合えてよかった』って思ってもらうぞ!」とか「元カノと同レベルって思われるのは、なんか悔しい!」という気合いを持てば、正直あまり納得はできなくても、大人になって謝る側に回ってあげる気にもなるし、また、ケンカになりそうなときにも、「ここで怒ってケンカしたら、きっと『元カノと同じか……』って思われるんだろうなぁ」と考えて、ケンカにならないように踏ん張ることだってできるかもしれません。

そうやって、彼とのケンカを上手な仲直りで切り抜けたり、ケンカになりそうなときに冷静に深呼吸して「ま、いいか」と思うようなことを、彼にとって「元カノ以上の存在」になるためのゲームと思えばモチベーションも出るはずですし、結果、ケンカ自体の数も減って、より一層仲良しになってけるんじゃないでしょうか。(遣水あかり/ライター)

(高﨑哉海/モデル)
(島崎雄史/カメラマン)
(真己野ナナ/ヘアメイク)
(辻野祐馬/ディレクション)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事