2018.03.01

「なせか告白してこない男」のタイプ別・攻略方法って?

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。お互いイイ感じで間違いなく魅かれあってるのに、男が自ら告白しないとキメこむ男だったら、女性側としては悩んでしまいますよね。世の中のセオリーとしては、告白は男性から女性にするパターンが圧倒的に多いもの。僕もそこは同感です。

ただ昔と違い昨今の「男の生態」も日々変わってきてます。告白しないとキメこむタイプの男を好きになってしまったら、女子から距離を詰めていくしかありません。今回は、告白しないとキメこむ男たちのタイプ別・攻略ポイントについて紹介します。

1.自信ナシ男

手をつないだりキスをしたりするけど、なかなか告白してくれないタイプの男もいます。「ここまでカップルっぽいことしておいて、何が自信ないの?」と突っ込みたくなるくらい。

おそらく、つき合った後にあなたのことを大事にしていけるだろうか?楽しませることができるだろうか?など、先のことを考えすぎて勝手に不安になってるだけ。自分に自信がないんですね。攻略ポイントはあなたのリード。女性から「とりあえず一カ月つき合ってみようか?」など冗談も交えてあなたのペースに引き込むことです。

2.モノ事を斜めから見る男

 「もしかして俺以外にも男がいるんじゃないの?」と常に疑り深いタイプ。こういうタイプは過去に彼女に浮気されたことがあるや、友人に彼女をとられたなどの経験によって、ちょっとした女性不信に陥っている可能性があります。

その不安が邪魔して、告白までのもう一歩が踏み出せないだけ。攻略ポイントは「信用」。ゆっくり時間をかけて疑り深くなった理由を聞き出して共感してあげて、深くおった傷を癒してあげてください。

3.現状維持男

もしかすると一番厄介なタイプかもしれません。現状維持男=リア充男。趣味、プライベートの時間は絶対確保したいことがマストで、お互い魅かれあっている気持ちの部分だけで満足で、形として「恋人」その先の「結婚」などの型にハマりたくない自由人。こういうタイプは積極的に他に女子を別で探し回るということはなく、単に面倒臭い自分の時間を邪魔するルールにはまりたくないだけ。

攻略ポイントは、時間がかかるかもしれませんが、彼のリア充タイムを邪魔せずに、自分は負担にならない女だということを少しずつ刷り込んでいつも近くにいる存在になること。早々に「私たちの関係って何?」と詰め寄っても「いいじゃん、お互い好きだったら別に形にこだわらなくても」とはぐらかさられる可能性もあるので、じっくり時間をかけましょう。

4.欲張り男

まだまだ色んな女性を見たいと思って告白しないタイプ。攻略ポイントは「逃した魚は大きいよ」と感じさせること。あなたとつきあったときの特典を早めから惜しみなくなく出すこと。(例えば料理や癒しなど色々)。そうすることで彼の色々と他を見たいモチベーションを無くしましょう。

そこにプラスして他の男の影をちらつかせて、彼に嫉妬心を焚きつけるのも効果あり。この幸せを逃してしまう、という焦りが、告白への原動力になるはずです。

おわりに  

今の時代、女性が動かないとはじまらない恋が増えてきています。これはみなさんが悪いわけじゃなく男が悪いわけですが。自分から動くということは、ふられるリスクもあります。告白される側であれば傷つくことはないですけどね。しょうがない今の時代です(苦笑)。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事