2018.03.02

彼からの「今日一緒にお風呂とかどう?」的な提案に隠されたものとは?

「今日さ、一緒にお風呂入らね?」
彼がふとこんな突拍子もない提案をしてきたらどうしましょうか。

断る? それとも断らない?

もちろんそれは完全にこちら側の自由ですが、実はこういった彼からの謎で突然の提案は、彼にとってはそれなりに大きな意味のあるものかもしれません。
今回は、こんな瞬間の彼の心境について少し覗いてみたいと思います。

■「そのまんま」じゃない

「お風呂入ろ?」とか言ってきたとき、ついつい「このエッチ!」と条件反射で断ってしまいそうになるかもしれませんが、大抵こういうひょんなお誘いは、額面通りとは少し違った意味を持っているものです。

つまり、「俺は君とお風呂に入って、その裸をまじまじと眺めたいし、できればそこでエッチなことなんかもしたりしたいな」というその文字通りのことが伝えたいんじゃなくて、
もっとこう、関係そのものというか、ふたりの間のムードみたいなものを変えたいっていう気持ちがあったりすることが多いです。

だから例えば「お風呂に一緒に入ろ」というときには、「最近ちょっとお互いドライというか、スキンシップとか足りてないから、お風呂とか一緒に入って、ラブラブしようよー」的なことを考えていたりするわけです。

もちろんお風呂以外にも、「今日のエッチは、こうしてみない?」、「ラブホテルでしてみない?」、「次のデートはドライブデートにしてみない?」、「今度のデート、こんなお店とかどうかなって思うけど、いいかな?」といったものがありえますけど(それぞれ例えば彼が実際に言ってきたとして、彼の中にどんな狙いが彼にありそうか、ちょっと考えてみるのも面白いですね)、脈絡もなく繰り出される彼らの提案は、その多くが、彼なりの意図が裏に隠されてるもの。

そして大抵それは、ふたりの間の関係性に芽生えたマンネリや倦怠感をなんとか打破したいなーというものだったりするわけなんですね。

■関係を進めてくれるのはいつも「小さなきっかけ」

今さっき例に出たばかりですが、マンネリや倦怠感を打破することは簡単じゃありません。
それを感じたとして「ねえ今ふたりマンネリしてるからさ、なんとかしよ」みたいなことって逆にふたりがそれを意識しちゃって却ってマンネリになっちゃいそうで、なかなか言いだせませんよね。
そういう大袈裟なのじゃなくて、もっとこう自然で、些細なきっかけになるものはないか。
こう考えたときに人が求めて頼るのが「いつもと違うことをやってみよう」という小さなきっかけ。

ふたりの関係をグッと前に押し出してくれる推進力は、何かすごく劇的なイベントとかじゃなくて、もっとこういうさりげなくて日常的なものだと思うんです。

だから彼からこういう「はてな?」な提案が出たときには、きっとその後ろにある彼の狙いを汲んであげてほしいです。「小さい秋見つけた」のように、彼が差し向けてくれた平凡だけど思いのこもった変化への挑戦を、「あっ」と鋭く勘付いて、「いいね」と言ってあげられる存在でいてあげてください。

また、こちらも、「最近なんかちょっとふたり滑りが悪いぞ」と怪しく思ったときの潤滑油として、こういう突拍子もない提案というのを、ぜひ有効活用してみてほしいと思うんです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事