2010.03.03

ワード・エクセルをカスタマイズしよう!クイックアクセスツールバー編

オフィス2007の「クイックアクセスツールバー」を使えば、素早くコマンドを実行できてとても便利です。
いちいち「タブ」を変更するしてコマンドを実行する手間や、『あのコマンドはどこのタブにあったかな?』と、「タブ」を変えて探さなくても済みます。

ここでは、ワード2007を例に「クイックアクセスツールバー」にコマンドを登録する方法を説明しましょう。(エクセル2007やアウトルック2007などオフィス2007のアプリケーションでは操作は同じです)

【注意】ここではオフィス2007を使用します。以前のバージョンとは異なります。

1. カスタマイズのサブメニューの表示

左端の (Microsoft Office ボタン)の横に、既存の「クイックアクセスツールバー」が表示されます。

1. カスタマイズのサブメニューの表示

右端の「カスタマイズ」をクリックすると、カスタマイズのサブメニューが表示されます。

2. 「Wordのオプション」ダイヤログの表示

カスタマイズのサブメニューが表示されたら、そこから「その他のコマンド」を選択します。

2. 「Wordのオプション」ダイヤログの表示

すると、「Wordのオプション」ダイアログが表示されます。

3. 現在の「ユーザ設定」の表示

「Wordのオプション」ダイアログの「ユーザ設定」を選択します。
(すでに「ユーザ設定」が選択されている場合はこの操作は要りません。)

4. コマンドの追加

ここで使用頻度の高いコマンドを選択(①)して「追加」ボタンをクリック(②)して、「クイックアクセスツールバー」にコマンドを追加(③)していきます。

4. コマンドの追加

さらに、区切り(④)の挿入や、コマンドの順番の入替え(⑤)も可能です。

5. クイックアクセスツールバーにコマンドが追加される

最終的に、好みのコマンドの追加が終了したら、OKボタンを押します(⑥)。

5. クイックアクセスツールバーにコマンドが追加される

選択コマンドが「クイックアクセスツールバー」に反映されます。

<< まとめ >>

 ワードやエクセルで頻繁に使用するコマンドを、「クイックアクセスツールバー」に追加できる。
その方法は「Wordのオプション」ダイアログの「ユーザー設定」でコマンドを選択して出来ます。

※エクセルの場合、文中の「Wordのオプション」は、「Excelのオプション」となります。

関連記事