2010.03.03

「あっ、原稿用紙買い忘れた!」そんなときはワードで簡単に原稿用紙を作ろう

原稿用紙ってパソコンでも作れないの?

ワードを使えば、簡単に作れます!

「原稿用紙」を使う方にお勧めなのが、ワード2007の「原稿用紙設定」です。200字詰め原稿用紙が簡単にできて、縦書きで文字入力できます。レポートの提出やなどで「原稿用紙」を使う方はお役立て下さい。

まずは、簡単な手順から説明しましょう。

ここではワード2007を使用しますので以前のバーションでの動作などは保証しません。


1.文字方向を縦書きにする

「ページレイアウト」タブにある「文字列の方向」から「縦書き」を選択します。
             

2.原稿用紙設定

次に同じ「ページレイアウト」タブにある「原稿用紙設定」コマンドボタンを押します。

3.マス目原稿用紙

ここで「原稿用紙設定」ダイヤログの「スタイル」から「マス目付き原稿用紙」を選択します。
            

4.マス目原稿用紙OK

すると「原稿用紙設定」ダイヤログに「マス目付き原稿用紙」を選択した結果が表示されるので、そのまま「OK」ボタンを押します。
       

5.文字を入力

ここでは例として、「わーどでげんこうようし」と入力し「変換」(スペースキーを押す)します。すると、右上から「ワードで原稿用紙」と表示さます。

あとは、文字入力を続けて行けば、200字詰め原稿用紙の文書が出来あがります。

印刷もそのまま原稿用紙(枠線付き)の状態で印刷されます。

 

< まとめ >

「文字列方向を縦書き」にして「原稿用紙設定」を行えば、200字詰め原稿用紙の文書が簡単にできます。

先に「文字列の方向を縦書き」にするのがポイントです。

何も入力せずに、印刷すれば、原稿用紙だけが印刷できちゃいますよ!

関連記事