2018.03.31

「一人で片思い女子」にならないために。片思いの賞味期限を知る!

こんにちは、沙木貴咲です。私は占い師をしているので、恋や結婚の相談をよく受けるのですが、「片思いが終わっていることに気づかない人」が結構多いと感じています。

好きな人から直接的にYESともNOとも言われない限り、片思いは永遠に続けられるものです。お相手との距離が遠いほど、「成就の見込みがあるのかどうか?」は冷静に判断した方が良いですよ。

■片思いは1年が限度

片思いは、長くても1年が限界だと思います。それ以上続けても、好きな人と付き合える可能性は低く、むしろすでに「成就の見込みゼロ」になっている場合も多いでしょう。

大きな理由としては、以下の2つが挙げられます。

1.好きな人があなたを恋愛対象に見るならば、とっくに何か行動を起こしているはず
2.好きな人から「NO」と言われているのに、自覚できていない

どんなに不器用な人であっても、両思いの場合は、1年もあれば自然と距離が縮まるものです。また、一方的な片思いであれ、努力して実るのなら1年もかからずに仲良くなれるはず。
どう頑張っても付き合えない、デートの約束すらできない……という状況が1年以上続くとしたら、その片思いは成就しないと判断するのが正しいでしょう。とても残念ですが、「お相手にはその気がない」と認めるべきです。

■失恋したくないから気づきたくない

知人に2年半片想いをして、告白もして断られたのに、「まだいける」と不毛な恋を続けていた女性がいました。友人と一緒に彼女の恋バナを聞いた時、私と友人はハッキリと「それ、もうムリでしょ」と思ったのですが、彼女は失恋に気づかなかったんです。

それは、大恋愛の末に失恋した経験があり、傷つきたくない思いが人一倍強かったからかもしれません。また、「彼以外に恋人は考えられない」という思い込みが強く、失恋の可能性を最初から否定していたのもあったでしょう。

彼女は悲しい現実に見て見ぬふりをして、自分に都合の良い理由を作っていたんです。でも、結局片思いは実らないまま、二十代を終えてしまいました。
気づいたら、同世代の友達はチラホラ結婚を決めるというお年頃。彼女は慌てたように婚活を始めていました。

■恋愛は一人でするものじゃない

恋愛は、好きな人と二人でするものであって、自分一人きりではできません。
そして、恋は成就してこそ幸せを手に入れられるもの。

どれだけ好きだとしても、報われない相手を追いかけ続けることに、本当に意味があるでしょうか?
自分が幸せになることを一番に考えたら、「この人とは付き合えない」とわかった時点で心を切り替えるのが最善です。

失恋はもちろん悲しいですが……それは、ほかにもっと素敵な彼氏がいるという証拠。「私が好きになれる人はもういない」というわけではないんです。潔い諦めが、本当の運命の恋を引き寄せることだって、たくさんあります。

好きな人と恋人同士になることを目指して、片思いを不毛に長続きさせないようにしましょう。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事