2018.04.01

スマホを捨てよ町へ出よう。恋にモヤッと悩んでいるときは外に出てみよう

恋に悩んでいる人に対して、「答えは次のページに書いてある」と、味もそっけもない答え方をしている人がいて、それを読んだ瞬間、度肝を抜かれたわけですが、でもよく考えたらそのとおりかなと思ったので、今回は「次のページに書いてある答え」について、一緒に見ていきたいと思います。

■次のページに書いてある答え

たとえば、片思いの彼にLINEしても、思うように返信が来ないとか、いつまでも既読無視されるとか、そういうことで悩んでいる人がいるとしましょうか。
片思いの恋が報われないというのは、誰にとっても哀しいしつらいことであるはずですが、そういうときこそ外に出て、ふだんあまり会わないような人と会う!すると、その人たちが、あなたに恋の答えを差し出してくれることもある!ということです。
もちろん、ふだんあまり会わない人に恋の悩み相談をする必要はなくて、ふつうに雑談していればいいのですが、ひょんなことから、あなたにとっての恋の答えのようなものが手に入る時があります。それが「次のページに書いてある答え」。

答えのようなものが見つかれば、「LINEの返信もしてこないツマラナイ彼のことなんか忘れて、ほかの男子とつきあおうかな。だって世の中にはかっこよくて気の利く男子がいっぱいいるって分かったしね」と思えたり。

■自分って他人が決めてくれるものでもあるからね

恋愛にモヤッと悩んでいるときって、結局のところ、相手の自分に対する態度に悩んでいるというより、自分で自分のことを見失っているとか、そもそも自分探しの途中ってことじゃないかなと思います。
片思いの彼からLINEの返信が来ないとか、友達以上恋人未満の関係で悩んでいるとか、仕事がら毎日のようにこういう相談を目にします。それら1つ1つに、これも仕事がら、丁寧に答えていますが、結局、彼のことで悩んでいる人が最後に口にするのは、「自分がどう生きていくといいのか、イマイチよくわからない」とか、「自分のことを好きになるにはどうすればいいのでしょうか」とか、「自分がなにをすればいいのかわからない」とか、そういうことです。


「自分」って、自分で規定するものというより、他人が決めてくれるものでもあるし、人との出会いの中でどんどん変わっていくものだから、恋愛とか関係なく気軽な気持ちで外に出て誰かと会うだけで、自然と自分を探せたり、自分のことを好きになれる瞬間がやってきます。
そして、そんな新しい発見や再認識が増えれば増えるほど、いろんなことに迷いにくくなるというか、生きやすくなるというか、そういうことって、ホントにあるんです。
だから、恋にモヤッと悩んだ時は外に出てみよう!(ひとみしょう/文筆家)

【今夜はちょっと、恋の話をしよう】
(ハウコレ編集部)

関連記事