2018.04.06

あれっ、恋愛ってどうするんだっけ?恋する気持ちの思い出し方

長く彼氏がいなくて恋愛から遠ざかっている期間が続くと、恋の仕方って忘れてしまいますよね。自分から誘う方法も、誘われてうまく応じる方法も、勘が鈍っちゃってる。それ以前に、誰にもときめかない!!そんな状態になってしまったときに、恋する気持ちの取り戻し方のおすすめの方法をご紹介します。

・ドキドキせざるを得ないような場所に行ってみる

心理学には「吊り橋理論」という説があるのですが、その内容は落ちそうで怖い吊り橋の上で出会うと、不安定な場所にいることによる恐怖感の「ドキドキ」を恋愛のドキドキと勘違いしてしまい、他の場所で出会うよりも魅力的に感じ、恋愛感情を抱いてしまう、というものです。


異性と一緒に行くとドキドキする効果が期待できますが、そもそもそんな相手がいない!という状況なら一人で行ってみるのもオススメです。吊り橋はなかなか近くにないと思いますが、下を見下ろすと怖いと感じる高層ビルやタワーなどでも大丈夫。心拍数が上がってドキドキする感覚を味わえたら「これが恋愛のドキドキと同じなんだ」とはまずは感じてみてください。

・結婚式当日の幸せな花嫁を見る

普段恋愛や結婚に全く興味がない人でも、人恋しい気持ちが沸いてくるのが結婚式に参列したときです。そんなに都合よく結婚式に参加する予定がない……という場合も多いかと思いますが、Instagramでは、結婚式の写真やムービーを載せている人も多いので、ちょっと検索してみるのも良いかも。また、一般の人が使えるカフェが併設されていて、新郎新婦がカフェのお客さんの前を通る、という結婚式場もあります。「お茶ついでに幸せな花嫁姿を見る機会を作ってみると「恋愛っていいかも」という気持ちが沸いてきますよ。

・「ネット断ち」をしてみる

人は寂しい、孤独だと感じたときに「誰かと一緒にいたい」と強く感じるものですが、LINEなどSNSで簡単に誰かとつながることができ、いくらでもネットで暇つぶしできる生活を送っているとわざわざ恋愛しなくても良いかと思ってしまいますよね。

そこで試してみて欲しいのが「ネット断ち」です。そうすると、驚くほど時間が余ることにも気付くかもしれません。やることがなくなって外に出たくなるし、「寂しい」という感情が強く湧いてくるでしょう。同時に生身の誰かと触れ合いたいという欲求が出て来ることに気付くはずです。

ときめく、ということはもっとその人のことを知りたいと思うこと。ネットから離れた状況を作ってみると、人とリアルに接触する機会が増えるのでときめく感覚を思い出すことができます。

おわりに

恋愛は絶対にしないといけないものではありませんが、「恋はしたいんだけどな~」と、どうしたら良いか分からず立ち往生しているのなら、ちょっともったいない。ドキドキ感や愛される実感は人生の楽しさを広げてくれるものです。「ときめき方を忘れちゃったなあ」と思ったときは、今回紹介した方法を試してみてくださいね。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事