2018.04.20

「カップル理解」が長続きのヒケツ!?共通認識がつくる相思相愛方程式

カップルが別れる原因は様々ですが、「すれ違い」によって別れに至ることが多いものです。特に「時間のすれ違い」や「(誤解などの)気持ちのすれ違い」が多いのではないでしょうか。彼氏とのすれ違いを予防して長続きするカップルになるためには、まず「共通認識」を増やすことで、互いを想い合えて心地よい関係を築いていくのが良いでしょう。

彼氏の嫌な所が見えたら「あなたと私」を考える

恋愛でありがちなのは「あなた(彼氏)」について見つめ過ぎてしまうこと。

そうなると付き合いたての頃には思わなかった「彼氏の嫌なところ」が目につくようになり、だんだん嫌いになってきて、別れる。そういう経験はありませんか?

心当たりのある方は、ちょっと視点を変えて、「私たちはどういうカップルなのか」を考えてみてください。「あなた」を「あなたと私」として考えることで、「彼氏がどう」ではなく、「カップルとしてどう」に視点を変えて、彼氏のことを嫌いになっていくスパイラルから抜け出せます。

カップルの特色について考える

世界には色んなカップルがいて、互いが「大切にしていること」も、「距離感」も、「デートの仕方」だってそれぞれ違いますよね。それを築いたのは、「カップルが一緒に過ごしてきた時間」です。相手が違えば、二人の関係は変わるもの。それこそまさにオンリーワンです。

「私たちはどんなカップルなんだろう?」とまず考えてみてください。第三者的な目線で自分たちのことを考えてみるとわかりやすいですよ。たとえば、飲食店で隣の席に自分たち二人が座っていたら、どう見えるのかを考える。次はシチュエーションを変えて考える。そうしていくうちに、「自分たちがどういうカップルなのか」が見えてきます。

良い所もあれば、悪い所もあるでしょう。良い所は大切にして、悪い所も反省して直せばいいだけです。

気付いたことを彼氏と共有する

「ねえねえ私たちってさ、こういう所あるよね」。カップルの特色について気付いたことは、積極的に彼氏と共有しましょう。それが二人の共通認識になります。加えて、男性の気持ちとして、「彼女が自分たちのことを考えてくれている」と知るのは嬉しいものです。「彼氏との関係を大切に想っている」というアピールにもなりますよ。

共通認識が心地よい環境をつくる

「自分たちはこういう二人」というカップルの共通認識が生まれると、自然と「二人の心地よい距離感」が互いに理解できたり、互いの「大切にしていること」を二人で大切にできたり、心の距離も縮まります。それは「気持ちのすれ違い」を予防し、さらには「二人にとって心地よい環境」を作るきっかけにも。ほんの些細な心掛けと、視点を変えてみるきっかけひとつだけでも、カップルの未来を変えられますよ。

おわりに

カップルの共通認識は、同じことであっても時々確認し合うことが大切です。カップルにありがちな「言わなくてもわかるだろう」的な関係になるとコミュニケーションが減り、結果的に「すれ違い」を生むこともあるからです。

人間ですから、好きな所があれば嫌いなところもあるでしょう。二人が一緒に過ごして築いてきた関係を、改めて見つめ直すこと。それは彼氏への「大好きな気持ち」や「楽しい思い出」を思い起こす機会にもなる、素敵な時間になると思いますよ。(ともしど/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事