2018.04.24

LINEを極めれば恋はチョロい!?…はずがない!LINEだけで恋は成就しない理由

こんにちは。沙木貴咲です。今や、ネットを開けば「彼が脈アリかわかるLINE」といった、恋にまつわるLINE術が山ほど目につきます。もちろん人によっては、そうした恋愛テクニックに助けられることはあるのかもしれません。

けれど、LINEテクを極めれば恋はスムーズに成就するのかというと……そうでもないんです。豊富な情報がむしろ余計なバイアスとなって、好きな人の本心を見えにくくしている場合もあるんじゃないでしょうか。

■LINEはあくまで会話ツールでしかない

いまやLINEは「日常生活を送る上で当然のツール」であり、場合によっては、口頭の会話よりも重要なコミュニケーションができる場かもしれません。
口に出すのは恥ずかしいけれど、文字にすれば伝えられる……というケースもあるのでは?

そのため、恋愛でもLINEはもちろん重要視されますし、そこで気持ちの探り合いをしたり、遠回しのアプローチをしたり、デートの約束を取り付けたりするはず。
片思いの段階では特に、かなりのやり取りがLINEで交わされるでしょう。でも、それがすべてではないんです。

ほとんどの女性はLINEをコミュニケーションツールと見なしていて、LINEの会話だけで相手との距離が縮まったり離れたりするのかもしれません。でも男性の中には、LINEをただの会話ツールと認識していて、必要な用事をやり取りするだけのものと見なしている人も多いんです。こういった認識の違いから、男女の間にギャップが生まれます。

どちらが正しいという話ではなく、恋愛が男女二人でするものだと考えれば、LINEだけでコミュニケーションが完結するとは思わない方がいいということです。
あまりマメに返信してくれない男性であっても、その「LINEの少なさ」だけで彼の気持ちを判断しないほうが良いでしょう。

■対面して話すことの大切さ

遠距離恋愛でもない限り、会おうと思えば好きな人と顔を合わせられるはずです。そして、対面して言葉を交わしたなら、LINE画面だけでは感じ取れない“情報”がたくさんあるでしょう。

彼の表情、話す時の声の調子、自分に対してどのくらいの距離を取っているか。
また、彼はどんな服を着てきたのか?オシャレを頑張っているのかどうか。

いろんな情報が目や耳に飛び込んでくるんじゃないでしょうか。
それらすべてを総合して判断した方が、LINEで彼の気持ちを探るより数倍早いですし、正確度も高いはず。

二人きりでじっくり会えなければ、通りすがりの挨拶や数分の立ち話、知人も交えての食事などで判断すれば良いと思います。LINEでのやり取りで予想していたことが、実は全然違っていたと気づくかもしれませんよ。

■男性のタイプによっても、LINEの扱い方は違ってくる

男性はそもそも、女性に比べればLINEをマメにするほうではないと言われていて、内容のない女性のメッセージには閉口しがちだと述べる専門家も多いでしょう。

けれど、ツイッターやインスタグラム使いこなす男性ほど、LINEでの会話は饒舌で、「男だからLINEは苦手」と頭ごなしに決めつけるのはキケンかもしれません。

LINEの扱い方は、男性のタイプによってかなり違ってきます。ネットのLINE術を妄信してしまうと、誤解やすれ違いが起こる可能性だってあるんです。
LINEでは気楽に何でも話すけれど、対面では言葉が少ない男子だっていますから。(しかもこのタイプは、LINEのやり取りでは女性に「いい感じの関係」を思わせるのが上手)

そのため、LINEテクはあくまで参考に。一番信じるべきは、直接に対面した時の彼の対応なんじゃないでしょうか。

変に先入観を持たず、無邪気に笑っているか、積極的に会話してくれているか、服やヘアスタイルはオシャレかどうか。そんなところをチェックしながら、彼の本音を探ってみると良いかもしれません。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事