2018.04.26

自己肯定感低い系女子がしなければならない3つのこと

いろんな人の恋愛コラムに目を通すと、「自己肯定感」という共通のワードが出てくることに気づきます。

それを読んだあなたは、「彼の愛情に不安に感じてしまうのは、自己肯定感が低いからなんだ」とか「好きになった人に好意を寄せられると引いてしまうのは、自分に愛される自信がないからなんだ」と、一旦は納得したことでしょう。

でも、思いませんでしたか?

「で、その自己肯定感って奴はどうしたら高くなるの?」と。

一口に「自分を好きになりなさい」と言われても、「それができなくてこうなってんでしょうが!」とツッコミたくなったのではないかと思うのです。

かく言う私も、なかなか自分のことが好きになれない時期が多くて、いつもどこかで誰かに承認欲求を埋めてもらうための言動を取っていました。

そんな時、ある人から教わったのです。自分を好きになる前にやらなければならないことがあると。

今日はその自分を好きになることに四苦八苦している自己肯定感低い系女子たちに、自己肯定感の頂にたどり着くための最初の3ステップをご紹介いたしましょう。

ステップ1:うまくいかない原因を探さない

人生、生きて入れば誰であって凹むことだってありますし、何をやってもうまくいかないことだってあります。

そんな時、「どうして自分はこんなにうまくいかないの?」と原因探しを始めるべきではありません。

自分が凹んでいる時の「なぜ自分はうまくいかないのか?」の質問に救われた人間はこの世の中に一人としていません。
その質問で上を向けるのは自己肯定感が高い時です。低い時はやってはいけないご法度の質問なのです。

うまくいかない原因なんて、「うまくいかないと思っていること」ぐらいしかないのです。
うまくいかない原因が解明されたところで、解決策が見つかることはありません。

ではどうするか?あきらめましょう。「まぁ、いっか」で片付けるのです。無理に改善に乗り出さないで、「大丈夫、自分はいつか回復する」と勇気づけるだけでOKです。

無理に行動しようとすると、行動しない自分が出てきたときに自分を責めることになり、「なぜ私は…」の無限ループが始まり、自信喪失の蟻地獄にまっしぐらです。
下手すると窒息死します。気をつけましょう。

待てばいいのです。大丈夫です、いつか必ずやる時がきます。そこまではやる気のない、行動しない自分を認めてあげてください。

ステップ2:他人との比較をしない。

この自分と向き合っている間に、あなたを苦しめるのが「誰かと比較しようとする自分の悪魔の囁き」です。

「同じ年代のあの子はあんなに楽しそうにしているのに」
「自分よりも苦労していないあの子が可愛がられるのは納得がいかない」
「はぁ、それに比べて私はどうして…

ほら、油断すると自責マンがすぐに顔を出しますよ!気をつけて!

苦しんでもいいんです、愚痴をこぼしてもOK、ムカつくなら(他人に迷惑をかけない程度に)罵詈雑言をぶちまけても構いません。泣いて叫んでスッキリしましょう。

ただし、自分と誰かを比較するのだけはやめましょう。それがもっとも自分の心を傷つける行為です
あなたはその誰かにはなれないし、その誰かだってあなたではないのです。

頭でわかってるレベルでいいので、「こういう時は自分を許すしかない」と割り切って、日々を過ごしましょう。

ステップ3:エネルギー値の高い人と会話しよう

そうして徐々に徐々にエネルギーを貯めて行って、ちょっと前を向けそうかな、って思ったときに、エネルギーに満ち溢れる人にパワーをもらいに会いに行きましょう。

身近にそういう人がいなければ大好きなアーティストのライブに行くのでもいいです。YouTubeで松岡修造の動画を観るのでも構いません。

エネルギーは物理的に高いところから低いところに流れてきます。そしてそれができたら自分を褒めましょう。「よくやった!私!偉いぞ!」と励ましてあげてください。

ここで、もし自分のことを好きになれそうだったら初めて自分を好きになってみましょう。もし、ここでできなければステップ1に戻って、もう一度待ちます。

この繰り返しによって少しずつ少しずつ自分を好きになっていくのです。

自分が好きになれないのは、あなたのせいではありません。好きになるための準備が整っていないだけなのです。

まずは、できていない自分を認め、許すことからです。そこから始めてみてください。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事