2018.05.05

「距離を置きたい」と彼氏に言われたら?実際のエピソードに学ぶOK対応・NG対応

付き合っている男性から「しばらく距離を置きたい」と言われたら、どうしますか?

「あ~、あるよね」と、経験済みの人はそこまで慌てないかもしれません。でも未経験だと、「どうすればいいの?」と途方にくれるでしょう。今まさに初体験中の人は、「これからどうなるんだろう」と不安に感じているかもしれません。
 
たとえ2人の関係が良好であっても、こういった事態は起こり得るもの。いざというときに慌てないよう、悲喜こもごものリアルケースと共に対応策を紹介します!

■男は悩むと穴ぐらにこもりたがる

「最近元気がなかった彼から、『しばらく一人になりたい』と言われ、大ショック。彼は『君が悪いわけじゃない』と言うけど、だったらそばにいてもいいじゃん……とドンヨリ。ところが3ヶ月後、『転職した!』と元気まんまんの連絡が来た。将来について悩んでいたらしいけど、一人にならないと悩めないの?」(26歳/営業職)

……そう言いたくもなりますよね(笑)。これは男女の決定的な違いとも言える部分でしょう。女性は、悩むと誰かと話をすることでスッキリしたり癒されたりしますが、男性は違います。むしろ悩みが深ければ深いほど、一人になりたがる傾向があるのです。

「君が悪いんじゃない」というのはまさにそういうこと。恋人がどんなに励まし上手であろうと、思いやりに満ちていようと、とにかく一人になりたい。一人の時間を充分に過ごしてからでないと平静モードに戻れない。そういうケースもあるのです。ここを理解していないと、「自分が悪いんだ」「嫌われたんだ」と無駄に傷ついてしまいます。

■別れたいわけではないらしい

「最近、言い合いが増えていた交際1年の彼氏から『しばらく距離を置きたい』と言われた。それって別れたいってことだよね?とショックを受けつつも承諾。忘れるために新たな出会いを開拓していたら、2ヶ月後のある日、『会おうよ』と連絡が来た。別れたつもりはなかったらしい」(27歳/事務職)

……こういう認識のズレ、ありますよね。彼女が誤解したのは、世の中には「別れたい」とは言わずにフェイドアウトを狙う人がたくさんいるからでしょう。ただ、ガッチリ付き合って信頼関係が出来上がっている2人の場合、「距離を置きたい」という言葉はあくまでも一時的な措置として言っている人が多いなと、様々なカップルを見てきて思います。

一緒にいることがストレスになってきたけど、まだ別れたいほどではない。とりあえずいったん離れてニュートラルな状態になりたい、と思っての提案。それに対して「なんで?」「絶対嫌!」と感情的に反論することなく彼の要望を受け入れたことが、永遠の別れにならなかった一因とも言えるでしょう。

実は上述の彼女、彼が半年ぶりに連絡をしてきたときには別の男性といい感じになっていたそう。まだ付き合っていなかったからいいものの、もうちょっと遅かったら……とボヤいたところ、「しばらくって言ったじゃん!」と彼氏に反論され、イラっとしたそうです(笑)。 間に合って良かったですね!

■距離を置かずに済むケースもある

「同僚が過労死するという悲痛な出来事があり、同棲中の彼氏が沈んでいた。そりゃそうだよね……と見守っていたが、ある日『俺、ここを出ようかな』と意味不明なことを言い出し、呆然。動揺しつつも応じずに静観していたら、2週間後、『あんなこと言ってごめん』と撤回された。一体何だったんだ?」(29歳/IT)

「一人になりたい」という望みが実際に果たされなくても済む場合もある、ということを示すのがこのケースです。もし彼女が、「なんでそんなこと言うの」「離れたからって何にもならないじゃん」などと反論をまくしたてたら、本当に彼は出ていったかもしれません。

距離を置かずに解決したのは、彼女が彼の言葉に騒いだりわめいたりせず、否定もせず肯定もせず静観を決め込んだからでしょう。つまり、そばにいるのが「放っておいてくれる女性」なら、大きなストレスによって一人になりたい病が発症しても、時間の経過で解決することもあるわけです。

ちなみに彼女が彼を放っておくことができたのは、「これまでにも、彼が突拍子もないことを言う→後で撤回し謝ってくる、というパターンが何度もあったから」だそう。納得!

■おわりに

大事な相手だから、放っておけない。悩んでいることがあるなら、むしろいつも以上に話をしたいし、一緒に過ごす時間も増やしたい。そんな想いが全く通じず、彼がまるで別の星の人のように感じられる瞬間、たまにありますよね。いっそ同じ人間と思わず、彼はオトコ星の人と思うくらいの方がうまくいくかもしれません。

「私、女だけどオトコ星の住民だわ」と思う人も中にはいるでしょう。大事なのは、どの星から来たにせよ、自分の星のルールを押し付けないこと。それを忘れなければ、違う星の者同士でも、ずっと仲良しでいられますよ! (ヨダエリ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事