2018.05.07

恋にはつきものだけど…彼との関係でふと感じた「不安」を乗り越えるには

恋愛には不安がつきもの。彼との関係がうまくいっている時であっても、ちょっとしたことから違和感を持ち、不安を感じる、ということがあると思います。
今回は恋愛をもっと楽しむために、「不安」との付き合い方を考えていきましょう。

〇不安の原因

彼のSNSに女友達がコメントしていたとか、帰省中でしばらく会えないとか、ちょっとけんかをしてしまった、など。彼と仲良くやっている、大切にされていると分かっているはずなのに、なぜそんなことで不安を感じてしまうのでしょう。

それは大切な彼を失いたくないという思いが強いから。

離れていってしまうことを過剰に恐れるあまり、彼の言動に敏感になってしまっているのです。
コメントを書いている女友達とはどういう関係なんだろ…?帰省中に昔好きだった人に会うのでは?けんかで愛想をつかされたら…。勝手に妄想してネガティブになっていては苦しいだけで、せっかくの幸せも崩れてしまいます。

その渦巻く不安をセーブするには2人の愛を信じること。今まで彼がしてきてくれたこと、築いてきた絆を信じることができれば、マイナスな妄想を増長させず不安を少なくすることができるはず。

だからといって、根拠レスでむやみに愛を信じろと言われてもなかなか難しいですよね。

〇信じる力を大切に

それなら、まずは自分を信じて。
自分との付き合いはもう20数年。今まで色々なことを学び、たくさんのことを乗り越えてきましたよね。そんな自分が選んだ相手なのです。彼に優しさや誠実さ愛情深さを感じて好きになったのでしょう?一緒に幸せになれると思って付き合ったのでしょう?ほかの誰でもない、あなた自身が太鼓判を押して付き合ったのですから、不安になる必要はないはずです。
自分を信じることで、環境や周りの状況に流されてあたふたすることなく、自ずと彼のことも信じられるでしょう。

〇彼に不安を打ち明ける勇気を

それでも、ふと不安になったり、愛情を確かめたくなる時もあると思います。それならその不安な気持ちを素直に彼に打ち明けましょう。自分が選んだほかでもない彼ですから、受け止める度量はしっかりあるはずです。

特定の女の子と連絡をとってるのが不安になる、とか飲み会の時に連絡がないのが心配など。

何を不安に思うのか、どういうときに心配になるのかを具体的に話せば彼は対策を考えてくれるでしょう。また、そういう話合いをする機会があれば彼もあなたに対して思っている不安を打ち明けてくれるかもしれません。

彼の不安を聞き、彼も自分と同じような気持ちだったことが分かれば、お互いの不安は軽減され、心が軽くなるはず。そして、不安を打ち明けやすくもなります。
もやもやした気持ちをそのまま放置すると不安はどんどん膨らみ、相手のことがもっともっと分からなくなってしまいます。それによりできた隙間がすれ違いや不和を生み、不安が現実化し破局なんていうことにもなりかねません。
不安の芽は小さいうちに摘むようにしましょう。

おわりに

大好きな彼を失うことはとても怖いですよね。その恐怖が小さな不安を生み、勝手な妄想がその不安を大きなモンスターに変えてしまうのです。不確定なことやありもしないことを悪い方向に妄想してネガティブになるのは厳禁。うまくいっている現状に自信をもって。今まで強く生きてきた自分を信じて、彼と彼の絆を信じて。
2人の絆を信じて前向きに今の恋愛を楽しみましょう。(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事